2020年04月07日

正しいハイハイ

B08E8B61-2BB2-4308-AE29-C1EA769DD2D6.jpeg
これが正しいハイハイ
なかなか最近はこのハイハイをする赤ちゃんがいない。
トドのように、
たいていお腹でズリズリ、膝で前進しない。
手はひじを使っていて、掌で上体を支えてない。
こんなに胸が上がらない。

だから歩くようになった時転んで顔を打つ。

赤ちゃんが移動しかけた時に、
すぐに抱っこして助けてしまうと、
なかなかこの形にならず、
そうこうしているうちに、デンと体重が増え、
四肢で身体を支えるのが辛くなる。

なかなか動かず、
むしろ捕まったり、支えられて立つ方がおもしろくなる。

段階を踏まず早く立ちたがる。
それをするには人の助けが要る。依存度が高くなる。

今年の赤ちゃんの中に、
一人
美しい、このハイハイをする赤ちゃんがいた。
ニコニコ笑って良く遊ぶ。

正しく段階を踏むとは大切なこと。
後々結果が分かれる。

砂の上に建てられた家
岩の上に建てられた家

嵐の中でもビクともしない家は、
時間がかかっも、
神の言葉という土台に
忍耐をもって歳月をかけて建てられた
posted by JOYJOY at 07:26| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

スカート似合わんとじゃない?

1397741E-815F-4884-BF24-C013F7078928.jpeg
園庭のフェンスに、
日に干すために毛布やベッドパッドをかけていたら、
側の砂場で遊んでいた学童の女の子たちが、
「先生、何歳?」と話しかけて来た。
私の白髪を見て、子どもたちは、何か違うなと感じるようだ。

それで、「67歳!先生、おばあちゃんよ!」と答えた。

「エエーッ⁉️」

一斉に叫んだ。

「ひーバーチャン90よ」とか
「おばあちゃん60」とか、いろんな事を互いに言っていた中で、
ひときわ大声で、「娘おるー?」と聞いた子がいた。しつこく何回も。

いないよと言うと、

「なんでー?結婚しとらんと?」と始まった。

こうなると、子どもたちの追求はしつこい。
事細かに突っ込んでくるので、
先手を取って、こちらから話して、ちょっと反応を楽しんでやれ…と、話し始めて、

「今から結婚しよーかなー」と言ってみた。

すると、「エエーッ⁉️」「できんよー」
と口々に大ブーイングだった。

だから、逆にこちらが質問した。

「なんでー?おばあちゃんでも結婚する人おるよー」と突っ込んでみた。
子どもたちが何と答えるかワクワクした。

「おじいちゃん、おらんやろ」
と言う声。
それで、
「エエー⁉️だって、おじいちゃん、いっぱいおるたい」と突っ込んでみた。

「イケメンのおじいちゃん、おらんよ」

😂😁😆

お腹の中は大爆笑。

子どもたちは大真面目に私の結婚を、どーしたら良かろうか知恵をひねっていた。
結婚とはかっこいいイケメンと可愛い花嫁が、恋愛ドラマをやって、綺麗にドレスアップしてヒーローヒロインになって、
子どもが生まれる。
それがどうも、子どもたちのイメージ。

「あの、スカート、かな…あれ似合わんよ」と言う声がした。

ん?😒
あ、ウェディングドレス?

おばあちゃんには似合わないらしい。

そんな事ないよ。先生、細いから似合うよ。

「あのさ、日本のやつ…着物にしたら?」

なるほど、おばあちゃんだから
着物なんだ…

子どもたちの頭の中の「結婚」のイメージがとても面白かった。
ヒャッハッハ(๑˃̵ᴗ˂̵)
posted by JOYJOY at 22:18| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またマスク🙏

394AF083-8BE6-4BAC-8BEC-7C0C3E925D8F.jpeg
園から最初にマスクが支給されてから一か月近く経つ。

毎日洗ってはつけ、もうヨレヨレ。
中の口元用紙が一枚目のは昨日切れた。

2枚目は、数週間前に自費購入だった。
絶妙なタイミングで、注文した2枚目が届いた。
一枚で1.300円だった。
ただし、抗ウィルス薬を噴霧して使って洗えるやつだった。

それで、二枚を交代で使っていたけど
一枚目がもうヨレヨレで、
金属が飛び出していた。
やがて二枚目もすぐにこうなるなあ…と思っていたところに、

マスク売ってますよと、ラインで教えてくれた人がいた。ガーゼマスクが売られていたらしい。

ガーゼマスクか…
無いよりはいいか…
今は一枚でもたくさんあった方がいい。
けど政府もガーゼマスクは二枚ずつ送ると言ってたな…
など考えながら、じゃー一枚だけ買っておいてください。

そう昨日返事した。
なのに、
今日園で、クラス主任が、
「支給よ支給!また!」と言いながら、
私のカバンの上に、あのマスクの箱を置いた。

えっ⁉️えっ⁉️
意味がわからなかった。
また来るなんて予想もしてないし、
しかも自費でなく、支給だなんて
ありがたかった。

今の時期、
小さな命にかかわる私たちには、
何よりも必要なもの。
こうまでタイミングよく与えられると、
神からの支給としか考えられない。
posted by JOYJOY at 21:50| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする