2018年05月08日

雨を止めてください

D42A72AE-B1EB-41EB-A20B-B17B52FE7D86.jpeg
かよちゃんを迎えに行きます。
雨。
困ったなー
濡らさないで車に移動できますように。

主よ。雨を止めてください。
posted by JOYJOY at 12:59| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成年後見人

かよちゃんの病院のソーシャルワーカーさんから以前、
みなさま、患者様のご家族がだんだん高齢になられるので、
成年後見人制度を検討されるようお勧めしておりますと言われたことがある。

その時は、まだ父が、時々不調になりながらもかよちゃんの世話をしていて、
手続き自体が面倒だと無視しました。

私が後見を引き継いで、
自分がガンになったりしたら、
やはり、
どうしようと思います。

もしも、かよちゃんに何かあっても、
法律は私をかよちゃんの家族とは認めません。
かよちゃんの戸籍には私の影もないので、戸籍謄本さえ取ってあげることはできません。
すると、大変な手続きとなります。
もし私に突然天に帰るようなことが許されたら、
たくさんの方に、かよちゃんのことで、ご迷惑をおかけすることになります。

成年後見人、頼もうかなー
しかし、神さまが私に後見をするように語っておられるなら、
拒絶できません。

神さま、宜しく!
posted by JOYJOY at 01:37| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜昼逆転

何故か今日は病院に行って帰宅したら、やたら疲れた。
帰りに雨の中買い物やら銀行やら行ったのが原因らしい。
たまらなくなり、昼過ぎに寝たら
夕方まで起きれなかった。

おかげで昼夜逆転。
眠れない。
昼間に三時間も寝るもんじゃない。

なんだかこの頃持久力の切れが早い。

posted by JOYJOY at 01:27| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何十年ぶりの大鍋

497672CB-873D-40BD-A122-26EBA975C548.jpeg
明日のためにカレーを作っています。

前回の集会の後、
おばちゃんから、
「アンタ、今度はカレー作らんね」と、
軽ーく言われてしまいました。
一緒にいたおばちゃんのお友達は慌てて、
「気にせんで良かとよ。こがん言わすとやっけんね」とそっと言ってくださいました。

何で私がみんなにご飯食べさせないといけないの?

カレーってお金かかるんだよ。

肉だけでいくらかかるか知ってんの?
と、
心は叫びました。

一度は私、毎回集会のたびに、
みんなでご飯食べようとしたんです。
でも、みんな喜ばなかった。
時間を使いたくなかった。
こともあろうか、
持って帰る…なんて…

飲食のためなら家があるだろう!が
神のことばです。

私がやりたかったのは、
ただ餌を与えることじゃなかった。
みんなで食卓を囲んで、
キリストの愛に触れたかったので、
虚しくなりました。

かけたお金、労苦、心がふみにじられ、
もうしない!と決めました。
出したものに
文句言う人もいましたし…
少ないだとか、肉がどうとか…

自分が金出さず、手も汚さず、
他人に作ってもらって出された食事にケチつけるクリスチャンは最低!
そんな奴は食べるな来るな!
もうヤメ!と思いましたが、
明日はかよちゃんが来ます。

看護師さんが、
私と外出して外食でもしておいで…
そう勧め続けて多分1年以上たちました。

本人、その勧めを躊躇していましたが、
今、病院から出て、ウチまで来てくれる気持ちをもつことができました。
それならかよちゃんが
やってみたかったこと。
夢だったことをかなえてあげよう。
小さな小さなこと。
バナナ丸々一本食べてみたい。
みんなと同じ物が食べたい。
自分のは形がないから何を食べているかわからない。

私にできることなら、
何でも、やってあげるよ。 

うるさい雀さんがいて、
喉につまらせたら…とか
色々忠告ありがとう!
でも、私は主の促しに従って、
かよちゃんに、もっと希望を持って、キリストを信じてもらいたい。
かよちゃんが生きる喜びを取り戻せるなら何でもするよ。

それに伴い、私のお荷物も増える!
のは
元から分かっています。

一度説教するのは簡単。
一度感動させるのも簡単。
たまに笑顔を見せて立ち去り、
いい人ねと言われるのも簡単!

でもずっとかかわり、
 友達でい続けられる人は僅か。

家族となって、
ご迷惑かけた人々に謝り、苦言を言われ、
あちこちから不備を指摘されながら、
一緒に回復を祈っていくことは、
できれば
私だって避けたかったです。

でも、かよちゃんには今は私しかいない。
主が託されたのだから、捨てられなかったのです。
この先も…

横からのさまざまな助言ありがとう。
でも、私が負っている十字架です。
posted by JOYJOY at 00:36| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする