2018年08月26日

父またまた入院

AACADCBF-5979-44F2-974B-AAD905237375.jpeg
またか…
もうこちらも動じなくなって、
落ち着いたものです。
早朝ホームの看護師さんからの電話で叩き起こされ、
高熱と、またサーキュレーションが80〜85で、
かかりつけの先生が電話に出られません。
医療センターは受け入れてくださるということですので、
救急搬送でいいですか?
と聞かれました。
今日は長崎ですよね?と聞かれましたが、寝ぼけていて、一体今日が何曜日名のか、自分がどのような動きをするか把握できず、
とにかく急いで身支度しました。
救急車より早く到着して、
父と看護師さんを待ちました。
なにせ、日曜夜間なので、
まだ十分な検査ができませんが、
画像を見せていただいたら、
肺は真っ白
水も溜まっていました。
なのに、本人は気丈に、
「何で娘に連絡したとー!😡
忙しかとにー」と、
看護師さんたちに文句たらたら…
父の方が、私にとって、
今日がどんなに大切な日か、
把握していたらしい。
image-eff45.jpg
posted by JOYJOY at 08:54| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする