2018年09月05日

父を擁護してくれた人がいた

image-9cb26.jpg
医療センターの父の所に行くと、
すぐに父に、
「早く退院させろとか、うるさく言ったやろー」と問い詰めました。

「うんにゃー一言も言わんよ。
喋りにもこんし…」
ホントー⁉️と疑いをかけると、

お隣のベッドから声がしました。

「ホントーですよ。そんなこと
ご主人は😳
全然言ってないですよ。

ただ、転院するかという話になったとき、
◯◯病院は、職員の教育がなっとらんけん、施設に帰りたかって
言わしただけですよ。

確信を持って
擁護してくださいました。

じゃーあのソーシャルワーカーさんは、
嘘ついたのか?

深く追求しないようにしよう。
posted by JOYJOY at 17:14| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の雲

E5B283F9-7476-4352-87E4-D89F7DB54107.jpeg
今朝は涼しかったので、
はじめて歩いて仕事に行きました。
バスで行くのと10分も違いません。

昨日、あのハードな1日を走っている只中に、
しかも集会中に、
父が入院している病院から
父を退院させろと催促。

明日は?なんて言われたって、
そんなに急に動けない!
明日は午後になります!
あさってにしてください!と言うと、
本人が早く退院させろと今朝も文句言っていたとか…

あーーーもーーーーうるさい!
と叫びたくなりました。

わかりました!
私が本人に電話しますから!
あさって、9時には会計済ませられるように準備をお願いします!
と、なかば喧嘩口調で電話を切りました。

秋。
父がまた帰ってきます。
主に感謝します。

嬉しいんですけどね。
やっぱり
身体がキツイんですよね。

家族会で、ノンノコブシなんて
踊っている気分じゃありませんよ。
高齢の親を抱えている身は。


posted by JOYJOY at 16:14| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超ハードな1日だった

360C0EBB-024C-4608-9045-746F64B724D0.jpeg
昨日は超ハードな一日で、
もう何がなんだか♭☆♪☆→×○〆

朝集会、昼から夕方仕事。
しかも、朝はとんでもない事件の後。
帰ると、もう寝たいばかり…

しかし、寝ることは許されません。
父の有料老人ホームを含む、
施設法人全体の
創立記念家族親睦会に
少しでも顔を出して欲しいと言われていたのです。

でも、キツくてたまらないので、
お世話になっているナースさんに電話。

何とか行かないですまないか…

行かないといけませんか?
そう聞くと、
できれば来ていただけたら助かります…という返事。

このナースさんには、
単に仕事…で割り切れないくらい
父がお世話になっています。
何度も自宅けら夜中に
救急搬送に付き合っていただいています。

なので、
◯◯さんが助かるのでしたら、
◯◯さんのために行きましょう。
そう返事して、
お迎えの車を待ちました。

ホテルで会食して、
理事長挨拶、来賓挨拶を聞いて、
職員さんの余興を見て…という
それだけのこと。
遅れたので、挨拶ぶぶは免れ、
私の席にはすでに取り分けられた食事がのっていたので、
黙々と食べ、
左側のご婦人に挨拶し、
右側の何も召し上がらない男性に、
お具合でも悪いですか?と声をかけました。

すると、
透析しているので…と。
その方は、最後までひたすら
じっと座っていらっしゃいました。

たくさんのご馳走を目の前に…

私もそれ以外、誰と話すわけもなく、
ただ食べ、ガンガンの音響に耐え、
時々
話したかった、ナースさんや主任さんと話すだけの1時間程。

回って挨拶に来られる理事長、夫人、息子さんたちに挨拶を返し…

長かったです。

これ、本当に必要?

これをやって、何の益になる?

さまざまな疑問を抱きながら
くたびれ果てて
バタンキュウ😴

posted by JOYJOY at 16:02| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散々な目に…

F4CE958C-BE5A-4654-ABB3-E6683682D7CF.jpeg
いやー昨日は顔が真っ青になる出来事が起きた。
朝、わずかな時間の隙間に
うちで集会をやった。

迎えに行かないと来れないかよちゃん以外は全員喜んで来てくれた。

困ったこと一つ。

大村から北九州に高速バスで行かれるイザヤ牧師を
お見送りする時間が私にはない。

みなさんに、さっさと帰っていただいて、
片付けてだれかに自分がだれかに送ってもらうのが精一杯。

そんな失礼な話はないのだけど、
それは承知でみなさん来てくださった。

お昼に終わってお昼ごはんもたべさせないで帰すことはしのびないのだけど、
それ以外に方法がない。

で、
せめて、
美津子さんに頼んで、
イザヤ牧師の送り迎えだけは…と考えた。

美津子さんが快諾して長崎から来てくれて、丁度良い時間に
空港行きのバスを待つことになった。

私は、また一つ考えていた。

そうだ!
インターバス停まで、
私なしで
お見送りしてもらうために、
一度下見しよう。
道を覚えてもらおう!

ほんの3〜4分しかかからないから、
イザヤ牧師が乗って来られたら、
少しだけ回り道して、
美津子さんに覚えてもらおう!

それを実行した。
実は、私も良く分からなかったので…

でも、いつも通勤に使うバスが、
大村インター経由で、
私が乗降するバス停の次が、
大村インターだ。
あのバスがぐるっと回って来るんだから、
あのバス路線を行けばいい!

で、その道のつもりで進んだら、
そこには
高速道路入り口があった。

しかし、
いくつか並んだ入り口の中に、
「一般」と標識のある、
料金カードの機械がない入り口があった。

私は、それを
「一般道」だと思い、通過した。
すると、道路が分かれていた。
これで良かったんだと思った瞬間、
その道に、
佐賀、長崎
と方向を示す大きな文字。

しまった!
高速に入ってしまいました。

進むしかありません。

しかも、美津子さんは決して高速を走らない人。
怖いと言い続けて、
実際、そこを押してお願いした時、
奇跡的に人は守られて、
車が大破してしまう追突事故の被害に遭った経験ごある。

さらに、不思議な入り口だったので、
カードもなく、何故入り口を通過できたか、謎。
つまり、出口を出れない。

天気は良く、景色も素晴らしいのに、
私の内側は真っ白。
美津子さんは凄く緊張してます。

しかも、集会時間は来ていて、
みなさんが集まっているはず。

約10〜15分?
やっと出口。
私は運転のことは何もわからない。
後ろにおられるイザヤ牧師に
教えていただくしかない。

イザヤ牧師は、最初、私たちが何をしているか全くご存知なくて、
高速に入ってから説明したので、
しかも、それがご自分を見送るためだとわかり、
何も言えず、ただ助けてくださった。

出口でモタモタ
あ、美津子さんETCカード入っていたから、
そっちの出口からなら出れた。
後ろから車来てないから、
バックして、出口変えよう…
なんて、やっていたら、
おじさんが出て来て
助けてくれた。

Uターン。

結局は道の駅彼杵の庄まで。

ひたすら
再び大村目指して
美津子さんに走ってもらうのみ。
F0D0D6AD-DF3D-40C3-82D8-6CB917F5F12C.jpeg
笑ってますが、
笑うしかない美津子さん。

100回謝っても謝りきれない
大失敗を
イエス様が
全部益に変えてくださいますように。

さてさて、なおもどうやってイザヤ牧師を高速バス停まで…となお考え続ける私に、
イザヤ牧師、
歩いていきます。と
引かなかった。

そりゃそうでしょう。

大失敗も度を超えて、
とにかく大事故にならないよう
守ってくださった主に感謝感謝!

posted by JOYJOY at 07:15| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする