2018年12月24日

ミステリー

4547F355-A4A3-46BA-924D-B2F841B525CD.jpeg
父の病室に行くと、
オーバーテーブルに空のペットボトルがありました。
あるはずがない。
あってはならないもの。

なんで?
誤嚥肺炎の治療をしているので、
すべてにトロミがついており、
飲水は、心不全との関わりで、管理されているはず。

食べた?と聞くと、食べたよと言う返事。
ふと楽のみを見て、ハハン😒

トロミがついているはずの飲み水は
普通の水になっています。

前にこの循環器、心臓の病棟に入院した時も同じ。
とうとう先生が折れてくださり、
もう、何でもいいから食べた方がいいよね…なんて父に言ってくださっていました。

今回も、多分同じ結果になったのでしょう。

誤嚥肺炎を悪化させるか、
脱水で衰弱するか、
天秤にかけたら、
本人にとって一番生きる気力を出せる方を取られたのでしょう。

それなら、と、
ベッドを起こし、
持って行った、カップのチーズケーキを出しました。
ペロリと平らげ、
更にペットボトルのお茶と週刊誌を差し入れしました。

もちろん、買って行った衣服一式も…

嬉しいと思ったのか否か
全くわかりません。

ただ喋るようにはなりました。
私は奥さんじゃないので、
耐えられませんね。
放り出そうかなとよく思います。

たとえ放り出しても、
必ず私のところに戻されますね。
posted by JOYJOY at 12:45| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスプレゼント

E4BF2F51-C2A8-4BE6-BC8E-8B63ECE0EFB4.jpegA52718D3-22C5-4DFB-834C-84DDF7D487DF.jpeg
明後日、父の退院です。
救急車で運ばれてきたので、
着替えがありません。
また以前から、
父のボトムスが気になっていました。

恐らく足も短くなり、
履けるものが限られてきて、
情け無い状態でした。

この際、上も下もプレゼントしよう。

ホームまで取りに行くにしても、
タクシー代はん千円かかりますから、
新しい衣服がせめて、
生きるはずみとなりますように。

額はともあれ、
幸い予期せぬ賞与を頂いたのですから、
少しは父にプレゼントしよう。
主の恵みです。
posted by JOYJOY at 10:37| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

暖かい冬

0200D4D9-F755-4979-BC56-C156254F8F96.jpeg
冬真っ盛りなのに、
暖かい日でした。
明日は教会でコンサートがあります。

3時からなので、
午前中父の所に行き、
少しだけ退院準備をします。
なにせ履物もないので、
うちからサンダルを持って行ってあげないといけません。

素直に食べていますように。
食べれていなかったので、
脱水もあったのですから、
意識して食べて欲しいです。

愚かなハンガーストライキみたいなことは止めてもらいたい。

幼児のような、抵抗はみにくい。

目をそむけ、赤の他人の顔をしたいが、
主は見ていらっしゃる。
看護計画に
「受容、共感」と書いてあった。

私には憎たらしくてできないことを、
若い看護師さんたちは、やってくれています。
さらにもっと忍耐を働かせ、寛容と哀れみで導き続けてくださっている
イエス キリストがおられる。
posted by JOYJOY at 22:48| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする