2019年02月07日

遅くなっちゃった( ´Д`)y━・~~

F74BB846-6E51-4A8E-9BD6-CCB7701C955D.jpeg
今朝は9時まで目覚めませんでした。

父の部屋に行くと、
もうとっくに目覚めていました。
父も、私に気を使ってます。
前回帰省した際、ブチ切れ、爆発しましたので。

父なりに気を使ってるんだなーと言葉の端々にわかります。

昨日夕方、
何なら食べる?と聞くと、
「カレー。売っとるカレーはないかな?」
その後、
えり子が食べたいものでよかよ…なんて。

しかし、昨日みたいなあったかい日に、
暖房をつけないといられない父と、
一緒にいるの大変。

今朝は9時半にやっと動きだして、
野菜を食べない父のため、
野菜の味噌汁。
02375AAA-A56A-48C7-989E-EA573D5A1B8B.jpeg
サケと目玉焼き、どっちがいい?と聞くと、
変な顔で、
目玉焼きと答えたので、
両方でもいいけど?
と付け足すと、
両方!

本当に食べれるんかい⁈
EE42D280-860B-4A1E-B0FC-A4308BA61AE2.jpeg

posted by JOYJOY at 10:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主の配材

CE9207E5-0B8E-48A1-8ADA-5612AAF2A1A7.jpeg
お休みくださいがなかなか言えない中、
何としても、一昨日の殉教聖会のため
前々からお休みをお願いしていました。

気持ち良く、
「いいですよー明日はだれもやすまないし」と言ってもらっていましたが…

それでも普段いる人数から一人減るのは現実。

私の勤務時間帯は、
学童さんも保育しているので、
そこからの助けもありません。

先生たちが頑張ってくれるんだなーと思っていたら、
昨日、お休みありがとうございました!と挨拶すると、

何と、
一か月休んでおられた、
私より年上の、私と同時間帯に勤務する先生が、
昨日からこられたと、
喜んでおられました。
びっくりです。

何と、何と、主は凄い。
どれだけ連絡取ろうとしても音信不通だったのに…
posted by JOYJOY at 09:16| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も言ってあげられなかった

FB54F287-0D52-4E75-A9A2-6A98E08E13A9.jpeg
あんなに辛かった人間関係が、
主の恵みで逆転してきました。

今は苦にならなくなりました。

最近は、
クラスにお友達を噛む子が出てきて、
先生たちを悩ませています。
先週金曜は、
その子が4回も噛んだそうで、
そのたびに、
相手の子の噛まれた部分を冷やしながら、
先生たちはどうしたら良かろうかと話し合っていました。

特に同じ子が被害に遭うので、
二人の子のお迎え時間に対応に出る先生は、
ご父兄に何と説明するか…
頭を悩ましています。

私も同時間保育していますので、
フーン…
相手にも噛まれる原因が充分ある!と
言いました。

完全に仲間…

すると、一人の先生から、
「それば、先生…牧師さんとして…
相手のお母さんに、どげん言えば良か?」

真顔で助けを求められました。

う!

言いたい。

ね、お祈りしよう!
イエスさまなら解決されるよ。

でも、きっと貴方達、
きっと、目を丸くして、
ほら、やっぱり.!
そう言うでしょ。

その夕方、
二人の子たちのお迎えを済ませて、
その場にいた、私を含めた三人が、
お迎え対応とご父兄の反応を検討しあいました。

この場所に、牧師の私が必要。
本当にそう思ってくれるなら、
主は必ず働いてくださいます。
だって、そう祈ってるから。
posted by JOYJOY at 09:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈ってあげたかった

3E7DA61E-1615-4209-9CCE-096BF9D9F7C4.jpeg
先週1週間お休みされていた
ママさんパートの先生が
昨日は出てこられました。
「熱」と聞いていました。

長いお休みをいただいて、すみませんでした…
と挨拶されたので、
「先生、インフルエンザだった?」と聞きました。

すると、
実は切迫流産だったそうで、
流れてしまうので、手術しなければならなくて
1週間かかってしまったと話され、
胸痛みました。

妊娠していたこと知ってたの?と尋ねると、
はい…と。

若いのに、二人のお子さんのママで、
我慢強いシッカリした先生です。
唯一入社してすぐの私を励ましてくれた
優しい保育所助手さん。

祈ってあげたかった。

自分には母親がいないんです…と、
コッソリ。
お姑さんには、まだこのことを話していないので、
切迫状態がわかっても、
手術後も、
家事を全部自分でやっていたのだそう。

やはり、保育にかかわる仕事環境、
厳しいんだ…
主の助けなしでは無理。

私が助けられる一つのこと。
それをやってあげたい。
posted by JOYJOY at 08:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする