2019年04月07日

先生にごめん🙇‍♀️て言っといて

3時前に病院に戻ってから
全く飲み食いしてなかったので、
まずいと思い、

「何か下で飲んで来るね」
と父に言いました。
すると、やっぱり、
「オイにも何か飲むもん買ってきて」とせがまれました。

慌てて
「ダメダメ!今は氷しか許可されてないよ」
と答えました。

すると、「そりゃー悲しい…」と言うので、

なんば言いよっと…今まで、先生たちの言うこと聞かんで、
トロミ付けさせなかったから、誤嚥性肺炎こんなに悪くなったとたいね。
先生たちが一生懸命直してやろうとしたのに、
自分が拒否した刈り取りたい。
とたしなめました。

すると、
「先生にごめん🙇‍♀️て言うといて」

あれ?
なんだか素直。
洗礼受けて変わった?
posted by JOYJOY at 21:51| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなに美味い氷は初めて

唯一父が口にすることを許されているのは氷
頻繁に、何か飲ませて…が来ます。
先程口に入れてあげると、

「美味い!こんな美味い氷は初めて!」
と感動していました。

氷で感動できるなんて
最高!
posted by JOYJOY at 21:42| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コイツがウルサイ

E1F067AE-EF17-4565-99BF-F837150546D7.jpeg
定期的になされる吸入
この機械が超ウルサイ。
あの発電機のうるささ。

夜中だろうが容赦なくなされます。
B59ED9A9-12AD-4499-BF60-2072DBC277AB.jpeg
そう。
ここは、準ICU
昼も夜もない場所。
安眠を妨げて….なんて決して言えない
戦いの部屋なんですね。

父が、また、ここで寝ると?と聞きました。
別に部屋があるのかと思って…と。

確かに、いつも入院する部屋とは違います。

恐ろしい機械が備えられた、
治療のための部屋。

家族も寝てなんかいられない。
医療チームの一員なんだ。
と改めて実感。
posted by JOYJOY at 20:32| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さ、あっち行こか(⌒▽⌒)

97B1F4A1-8982-4874-9B45-EA448D9422EC.jpeg
きたきた\(//∇//)\

さっき、父がはっきり覚醒してきて、
「さ、あっち行こか」と言うので、
「あっちって?」と尋ねました。

「オイの部屋」
オーNO…
わ、まずい!と緊張。

で、入院していること。救急搬送されたことを説明し、
覚えとる?
と確認しました。

首を振り、
「そー言えば、抱えられたね…」

「あれだけ苦しんだの、覚えとらんと?」
と更に聞きました。

「いや…」と。

で、弟が来たことは?
施設責任者が来てくださったことは?
と一つずつ聞きました。
良かった。覚えていました。

そして、一番大事なこと。

「洗礼も受けたよ」
ドキドキです。

「うん、覚えとる」
ホーーーッとしました。
イエス様
ありがとう😊
大事なこと。嬉しいことは記憶していて、
苦しんだことがわからなかったなんて、
主のあわれみは尽きない!

さっき
ドクターがモルヒネ使っているなんて言ったので、
内心不安でした。

改めて、
洗礼の説明。

あれは古い自分の葬式よ。
キリストとの結婚式やっけんね。

「うん」

あれ?なんか嬉しそう。
ひょっとしたら
こういうこと
わかってるのかな?

新しくされたとよ…と説明すると、

うん!

と、サッパリキッパリしたトーンで答えてくれました。
posted by JOYJOY at 20:15| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の食物

41592E45-0D4F-4390-B1EE-C0CDC2F96BF0.jpeg
誤嚥肺炎、また心不全なので、
飲むことも食べることも許可されません。
つまり、体の動きの基本的なものをストップしているわけですから、
認知低下、各器官の廃用は進むはず。
それを回避するため
家族の付き添い看護は必。
極力体のどこかを使うように。
入れ歯の装置も取り外しも自分で、と促し、
足首動かして…とか、
テレビ見る?とか。
祈ります。
父の体、心が老衰から守られて
健全に回復できますように。
その父に唯一許可されたのが氷。
一個119円のカップ氷を
何個も…
冷蔵庫であって冷凍庫ではないので、
溶けます。
競争です。
これを一粒ずつ口に入れてあげます。
しょっちゅう、夜中も、
何か飲ませて…と。
結構疲れます。
posted by JOYJOY at 19:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の食物

41592E45-0D4F-4390-B1EE-C0CDC2F96BF0.jpeg
誤嚥肺炎、また心不全なので、
飲むことも食べることも許可されません。

つまり、体の動きの基本的なものをストップしているわけですから、
認知低下、各器官の廃用は進むはず。

それを回避するため
家族の付き添い看護は必。
極力体のどこかを使うように。
入れ歯の装置も取り外しも自分で、と促し、
足首動かして…とか、
テレビ見る?とか。

祈ります。

父の体、心が老衰から守られて
健全に回復できますように。

その父に唯一許可されたのが氷。
一個119円のカップ氷を
何個も…

冷蔵庫であって冷凍庫ではないので、
溶けます。
競争です。

これを一粒ずつ口に入れてあげます。

しょっちゅう、夜中も、
何か飲ませて…と。

結構疲れます。
posted by JOYJOY at 19:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれ、後ろ向きにされちゃった

A0C3F32E-5A06-4441-9CB5-7F1EEAF998CA.jpeg
危篤状態を脱したら、次に避けたいのが、
認知低下。
で、体が動かせない分、
せめてテレビでも…と
つけてあげました。

しばらく見ていたのですが、
体位交換の時間となり、
あれ?
後ろ向きにされちゃいました。

認知低下した高齢者扱いだけは避けたい。
父は、97歳にしては、驚くほどの認知レベルなのです。

バイタルチェックしようとした看護師さんに、
生きとるか?
などなど冗談が出ました。
posted by JOYJOY at 17:08| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクターコール

image-756bd.jpg
一時間くらい前、
「ドクターコール」と、院内アナウンスが入りました。
緊急のドクター呼び出しです。
指定された病室は
同じ病棟でした。

バタバタと夜勤看護師さんたちが動いているのがわかりました。

しばらくすると、
ドアが開き、
「木村さん、ごめんね。モニター変えさせてね」と、
私が始終にらめっこしていたモニターが運びだされ、
父のベッドの上に、チョコンと
手の平大のモニターが残されていました。

ということは?

超危険状態だったわが96歳11カ月20日の父は、
厳重監視の必要がなくなったということ⁉️
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今ならお話できます。
ご親族、なるべく多くの方を呼んでください
なんて、
言われ、一瞬緊張したのです。

でも、これ、洗礼の恵み。
posted by JOYJOY at 06:10| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩松駅

9F79929B-3BD0-47A8-AC37-AED6034A7E7A.jpegF35D2CC1-3073-4548-978C-939DCEC50092.jpeg
今日はここから教会に行きます。
三年前、
母に付き添い、医療センターに寝泊まりしていた時も、毎週ここから教会へ行きました。

あの時は冬のはじめで真っ暗でした。

私は若くて張り切っていました。
日々が充実していました。

今は花が美しい季節。
父も回復に向かっている気配。
きっと、
天で母が祈ってくれていたな。
うちが地上でしたかったことばしてよっ!
と。
そして、父の洗礼を大喜びしていたな。

この場所は、周囲が田んぼと海で、開けていて、
国道を走る車の音とともに、
広ーい空の下
たくさんの鳥や虫の声が聞こえて
立っていると気持ちいい〜。
image-f393b.jpg
posted by JOYJOY at 06:00| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする