2019年04月24日

E159A7E2-6E8C-42F6-972D-52F93C8105C2.jpeg
今日は父に、鰻を買っていきました。
先生たちとの話し合いの時それを言うと、
父が、病院が提供しているドロドロ食事を
きちんと食べれるか確認させてくださいと言われました。

夕食時、
ドクターが三人。
父の受け答えに、終始爆笑。

父は、もともと非常に神経質。
どろっとした物は激しく拒否。
吐き気がするくらいダメなのです。

なのに、今日は三分の一くらい食べました。

もう何もいらん!という父。
鰻食べるの見せて
というドクターたち。

箸で小さくした鰻を口に入れると、
上手に食べれました。

そして、もう要らん!と。

さらに、先生たち、一切れずつ食べんね。
俺は、そいば見て腹いっぱいになるけん。

何度も勧め、先生たちをまたまた爆笑させました。
posted by JOYJOY at 21:50| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿題の山

宿題の山です。
忘れそう。

とにかく町内会費をあつめ、配り物を配る。
明日絶対!

次、教会の支払いを送金する。
かよちゃんの入院費を送金する。
先日の聖会講師謝礼源泉税を払う。
これも明日は絶対!
神学校
会計報告をだす。

何より
土曜保育参観までに、
壁面か天井装飾を何とかする。
次、
思わず笑顔を録り直す。
キャンプ、企画今夜絶対!

ウーーー!
無理!

さらにチャペル収録…
いやーー神さま、
どれか勘弁してくれませんか?

私、心臓止まりそう。

先日も、
判断がおかしい!
だいぶん疲れてるねー
なんて言われました。

疲れてる…なんていうレベルは、遠に過ぎました。

posted by JOYJOY at 20:36| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー代節約のため

6172178E-AA89-457A-9D7F-C412134FBE9E.jpeg
父が入院して、タクシー代にガバガバお金が飛んで行きました。
今日は節約です。

駅までバス。それから、あと20分以上待って
JRで帰ります。

ドクターによると、
父が、私のことばかり心配しているとか。
「ご自分は苦しくてたまらないでしょうに、しっかりしていらっしゃいますねー」と。

だいぶん疲れました。
うちには町内会の配り物が待っています。
全然配れません。
また今日もできなかった…
posted by JOYJOY at 20:20| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクターの皆様お疲れ様


1DC35F06-C007-447F-9F35-B1DD2AC056A5.jpeg
イヤイヤイヤイヤ
まあ大変な1日でした。
やっと解放されて
バスの時間までコーヒータイム!

嚥下機能が落ちた父に、
今日再度造影剤を使った飲み込みの検査がなされ、
この結果を見て、
今後食事をどうするか決めましょうと、
ドクターに言われ、
本日話し合いをしました。

まず、まともな食事は、今後さらなる肺炎の原因となるので、
とろみ食を、ベッド角度15度から30度で、
食べさせてもらうことが
耳鼻科の推奨する食事形態。

本人がそれを拒否する場合は、
肺炎を起こす危険を承知で普通食を選ぶか?
という厳しい選択を問われました。
あくまで食事か取れない場合は、
経鼻か胃ろう…という話も出ましたが、

先生の方からは、
今はそうまでして生かすということは避ける傾向があると説明がありました。

私としては、
父が一番生きる、
つまり生きていることの実が取れる生き方をさせてあげたいと返事しました。

本人にも聞いて…と、
その後
ドクターたち三人と、私で、
父の真意を確かめに行きました。

一人のドクターが、
検査の結果、飲み込む力が落ちていることがわかりました。
と説明し、
この食事でなく、
普通のなら食べるという父に。

普通のご飯にしたらどうなるかわかりますか?
と質問されました。
普通のご飯にした場合の危険性は?と質問されると、

父、得々として、
そうねー。のどにつまる!

そしたらどうなりますか?

そしたら急いで叩いてだす。
そしたらいい。

(๑˃̵ᴗ˂̵)アチャーです。

私が助け船

あのね。気管に入っとるとさ。

そしたら息が苦しくなる。

そしたら?と先生。

危ない。とやっと欲しい答え。

それでも普通のご飯がいいですか?と。

いや、それは困る。
そうまでしてうなぎ食べんでいい。

普段はこれで、一週間に一回くらい普通のが食べられたら…
肉とかうなぎとかでなくても
そんな贅沢なもんはいらんけど。

まあ、わかったようでわかってない父。

悲壮感が全くありません。
そんなに悪いとは思わんよとケロリンと言ってのけました。

ドクターたち、笑う笑う。
ぶっちゃけ、つまるところ、
このまま死に向かわせるか、
何とかいのちをつなぐか…というとこなのに。
posted by JOYJOY at 20:00| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする