2019年05月02日

オイのイシャ(゚o゚;;

076148F7-0980-4A22-AFD2-11F906FB3199.jpeg
大分回復してきたようで、
気持ち良さそうに
眠っていた父に、
見回りにきたドクターが声をかけました。

「木村さーん、私だれかわかりますかー」
「イシャ」

(O_O)

チョッチョッ…( ̄O ̄;)

「オイのイシャ!」

他に言いようがあろうに…

すみません🙇‍♀️

ワッハッハと笑い、
イヤー生命力強いですねー
一山超えた感じですねー
と、
ドクターは苦笑い



posted by JOYJOY at 17:33| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水戸黄門見始めた!

EB26EEA7-E177-4109-85A3-3650C0689B79.jpeg
酸素はずしてみましょうと看護師さんが
酸素をはずしましたが、
大丈夫。
呼吸数も大丈夫。
だんだん声が出て、
水戸黄門見る?
とつけてあげたら、
ベッドを起こせと指示。
さらに
テレビ台を近づけるよう指示。
AA27580D-6112-4F63-866E-CFCA20F1EAC2.jpeg

さらにさらに、
少しなら大丈夫ですと、
看護師さんがトロミつきお茶を飲ませてくださったのです。

私が、
「お茶飲んで来るね」と言うと、
「オイにも何か買って来て。お茶かなんか…」

またーー
調子に乗って…
また死ぬ目にあうよ。
posted by JOYJOY at 15:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明るい看護師さん

DDE41F84-387A-46D9-AC54-4FDF3BFAEE3A.jpeg
とてもフレンドリーで気さくに話してくれる
若い看護師さんがいます。
個人的なことも話します。
彼女は、明るく父に声をかけてくれます。

今朝は、
「木村さーん、おはよー。」
「いつもおはよーって言ってくれるたいねー。声ば出してー」と話しかけました。
私が
「何か言ってやらんね」と促すと、
声をださない父が
オハヨーと、必死で声を出しました。
続いて彼女、
「グッモーニン!」
父もサービス
「ウッオーン」
「木村さーん、中国語はー?」

*○…★♪→
私にはわからない、
中国と思しき音で父が二回返事しました。

これが彼女と父の挨拶なのだとか。

じゃーねと手を振って部屋を出ました。

孫と似た年代の
孫と似た乗りで話しかけてくれる
明るい看護師さんに、
緊張状態がゆるぎ、
父、慰められている様子。

父なる神に感謝!

私は大学行ってないんで、
勉強では勝てないから…と言われたんです
というこの若い看護師さん、
私にとっても、
頼みやすい、話しやすい
緊張をほぐしてくれる存在です。

この状態になると、
看護師さんは
家族の同士なんです。
同士が与えられると
ラクになります。
posted by JOYJOY at 09:29| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外は明るい5月

2D20E275-A1FD-4256-8024-3F6ABFA2B4FC.jpeg
今夜にでも父を見送らないといけないか…と
緊張の一晩でしたが、
モニターの数字が正常に近くなり、
息が穏やかに
スースー眠っているので、
一度うちに帰ります。

外に出てみると明るかった!

シロツメクサの野っ原
DCB6A783-8D2D-460C-8ED5-B13210C272B3.jpeg
案外準備できていなくて
当惑しているのは私。

やはり、父親という傘で守られ、
支えられて
ここまで来れたんだなーと

それがなくなる寂しさが込み上げます。
posted by JOYJOY at 09:15| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一瞬一瞬が大切

494C5421-7882-4105-834E-4BA4175F2041.jpeg
朝が来ました。
一朝一朝が大事。
いえ一瞬一瞬が大事。
父の大切な、この体にある時間。
私と父との大切な時間。

昨夜弟と、弟の子供たちに、
ラインで父に呼びかけてもらいました。

それまで声を発することをしなかった父が、
力を振り絞って、
一人一人それぞれに
ハーイと返事していました。

熱が下がり、
モニタが示す数字は穏やかに元に戻っています。

しかし、ドクターたちは
なかなか難しいですね…と
頻回に診察に来てくださいます。

本当に熱心なドクターたちです。
私が思い、願っていることも受け取っていただきました。
多分、それもあり
個室移動になったのかな。
posted by JOYJOY at 07:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする