2019年05月08日

神さまの慰め

52870C50-2288-4744-AAEA-4DBC290FD13F.jpeg
弟に、
父を神さまに返す時がきたよとラインして、
父が頼んだ用事をすませ、
ふと空を見上げたら、
太陽の周りに虹。

神さまの深い慰めを感じ
ポロポロ涙が出て仕方ありません。
posted by JOYJOY at 10:29| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルヒネ投与効果

image-58a2a.jpg
昨日から仕事だったので、
どうしたら良いだろうと
朝うちで行われた集会で祈っていただきました。

夜父が苦しんで眠らず、
看護師さんは二人しかいないので、
できることはやらないといけません。

いくら頑張っても、まず体力は保てるはずがなく、
重大な保育事故につながりかねません。
かと言って
休むにも、一体いつまで休むのか検討もつかず、
経済も枯渇します。

祈っていただいてから
必死で保育園に行くと、
事務所にクラスのリーダーが居て、
状況を聞いてくれました。

クラスにはもう一人
フルタイムで働ける人が入ったから
クラスはいいよ。
休むと思ったと言われました。

主任さんと二人で、
園長先生と話してたみたらと勧めてくださったので、
自宅にいらっしゃる園長先生に話をしに行きました。

「先生はどっちがいいの?
来た方が、ストレスから解放されるの?
それとも専念した方がいい?
5月一杯休む?
それも、お父さんの死期を定めるようでイヤよね。」

と、親身になって聞いてくださいました。
結局、
病室にずっといるのは
本当にストレスになるから、
一日おきに午後だけ来て子どもを抱けば?
とりあえず今週はそうやって、
またその後考えたら?
そしてし週半分は、
仕事に行ったつもりで
うちで休んだ方がいいんじゃない?
と助言してくださいました。

昨日は、そのままトンボ帰りで病院に帰りました。
帰ると即、
父にかかわる全スタッフが集まり、
父の病状説明がありました。
今朝、本人が、「もう治療はせんでよか」
と意思を表したので、
今後は苦痛を取るということに専念して、
モルヒネを使うとのこと。

水分摂取で誤嚥を繰り返しているので、
絶対に水を飲ませないように。
とキツく注意されました。

タンの吸引も
頻度が増すと、負担が大きいということ。

さらに転院の話。

モルヒネ使用は、私は一切異存はなく、
良かった
これで父は眠る…と安心しました。

夜、確かに父の苦しさは、
薬により軽減されているようでした。
ところが
やはり、
夜中父の目はカッと開き、
眠ろうとはしませんでした。
朝までずっと。

それでも苦しみが軽減されたようでしたので、
ひとりぼっちは可哀想だと申し訳ない気持ちのまま、
横で私は眠りました。
気持ちは、横に座って
ずっとさすっていたかったのですが、
「心は燃えていても肉体は弱い」とキリストが言われた通りです。

薬のせいか、
父に少し力が出て、
今朝は
ミズ!
イタイよ。セナカ!
などはっきり声が出ています。

主よ。天に帰るその瞬間まで、
父が苦痛なく、
主がくださる平安の中に居続けますように。

posted by JOYJOY at 07:04| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする