2019年06月13日

ミニトマト

DC5A72DE-BAB4-4EE5-BB2F-759801289AAE.jpeg
バクバクが続く日々に
慰めが来ました。

いつもうちの庭の雑草取りを黙ってやってくださる
お隣さんに、
何日か前、
うちの庭、もし好きで、
負担にならないのでしたら、
どうぞ使って何か植えてみませんかとお願いしました。

すると喜ばれ、
じゃーミニトマトでも…と言われていましたが、
今日、
「ミニトマト植えました」と来られました。

ついでに花も植えて良かですか?と。

良かった!

喜び楽しんで父が残したものを使ってくれる人がいた。
25906CE6-D919-4613-93B9-8E41A1D75E02.jpeg
父は、私に何か植えるよう促していましたが、
いやー勘弁して!と断り続け。
ただ雑草だけが
支配していました。

実がなる楽しみを
棚ぼたでいただけました。
posted by JOYJOY at 10:49| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

採血結果良好

97512909-B008-4408-A393-389E7AC56AEA.jpeg
昨日、先月の採血結果をいただきました。

全て良好。

心は壊れていても体は不思議なくらい元気。

みな私の健康を心配してくれますが、
古くなっても
入れ物は大丈夫らしいです。

中に入っている私が壊れています。

キリストには直せます。

私にはできません。

体は、勢いをつけたら良く動きます。
止めたらパタリと微動だにしません。

勢いをつけるのにすごい力が要ります。
その力がありません。

posted by JOYJOY at 08:59| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな小さな事で楽になる

BDA82105-53FA-4F2A-9613-163CCDA85BC4.jpeg
昨夜もまた眠るのが大変でした。
やはり我慢できず、
一度寝っころがって次に目覚めたら
零時を回っていました。

これが良くなくて、
自律神経のリズムだか働きだかが狂ってしまうらしいのです。
日中仕事がない人は、それでも良いかもしれません。
私は
体を使う仕事をしているので、
何とかリズムを正常にしないとマズイです。

やっと立ち上がり、
それからは
バクバクしてリラックスせず、
もういい!
明日こそ何もないから朝ゆっくりしてみよう…と
決めていたら、
次は光を感じ目覚めました。
すると、
外で瓶や缶をガラガラ…とコンテナに移す音。
しまった!
今日は資源ゴミ回収日…でした。

うちは集積所なので、
いつもコンテナを出してあげていますが、
私が忘れていると、だれか一番乗りの方が
出してくれます。
慌てて服を着て我が家のペットを袋に詰めて
外に出ました。

ご近所の方たちと声をかわしたら
少しリラックスできて、
いつもの自分になりました。

不思議。
たったこれだけで楽になるんだ…

しかしまた困ったことが一つできてしまいました。

ストレスは避けて生きられません。
それを乗り越えて行く力が、
越えるたびに付くのです。

若いときはそのチャレンジが楽しくやりがいがありましたが、
どこかでバランスを崩してしまうと、
圧に簡単に潰されてしまいます。

キリストに真により頼まないと、
崩れるだけ崩れてしまうのです。

以前、私はその助けを教会から受けていました。

見えないキリストの力が溢れるキリストのからだというものが
私は大好きで、
そのためなら何でもする…と思いました。
これは真理です。
今でも私が感じなくても真理です。

私の鳥の巣症候群は、
介護がなくなってしまったことだけでなく、

私にとって、
教会が鳥の空巣になってしまったこと。

もっと言えば、
私の中にあった教会が空っぽになってしまっていたこと。

介護に熱中していて気づいてなかったこの事実に気づいてしまい、
もはや自分が存在する意味を見出せなくなってしまったこと。

だから教会関係の着信には全て体が反応します。

教会に行くと体は無条件で反応します。

自分を否定しないといけないことだから。

それ以外の事で楽になる。

意味不明か…
だれもわからなくてもいいです。

自分で整理しているだけですから、
無視しておいてください。
posted by JOYJOY at 08:40| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早く済んだ

EFCF5C9F-1B42-4A21-B765-E6247356CDC5.jpeg 
今夜は班長会議でした。

7時〜9時と書いてあったので、
覚悟してして行きましたが、
40分で終わりました。
外はピンクの空でした。

会議…というものでなく、
ただ決まったことを聞くだけで、
資料を見ればわかるものでした。

それをだれかに伝えるわけでもなく、
みなさんの代わりに
「いいですか?」という同意を求められました。

お金がからむこととなると、
突然「いいですか?」と同意を求められても、
班のみなさんに代わり
内容がわからないまま
「はい」とは言えず、
私は黙っていました。

でも事はもう決まっていると思います。
posted by JOYJOY at 00:02| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする