2019年06月15日

またバカなことを…

5210DDA9-1FF1-4B82-9C9A-A09500F439AC.jpeg
無駄だと思いながら、
気持ちが焦っていたので、
気分的に少しでも早く来た列車に乗りました。
またバカみたいなこと…

8時17分長与経由佐世保行きを待てず、
8時10分発市布経由湯江行きに乗って、
あわよくば、
7時17分発の佐世保行きが、諫早でまだ止まっていたりして…などと、
あり得ない希望を持って諫早駅に着きました。

いつも、自分が、
なんでこんなに長く停車するんだー!と
叫んできたので、
長い停車時間がこんな時に役に立てばなあ…
なんて
あるわけない!です。😓
すでに15分前に出た後。

あと7分浦上で待てなかった分、
諫早で待つ。

するべき忍耐をするべき時にしないと、
つけはちゃんとやって来ますね。
posted by JOYJOY at 20:58| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やるべき事

早く帰ってやらないといけないことがあります。

一人の人が、
しかも家長が、この世からいなくなるということは、大変なことなんだなあとつくづく思うのです。

父が、母と築き上げてきた一つ一つを、
神さまに感謝して整理して、
私がどう受け継ぎ、何をどう閉じ、
新しく踏み出すか、と問われていると思います。

いっさいがっさい全部捨てて、
心機一転すればラクなのかもしれませんが、
そして、私はそれが好きな人ですが、

二人が生きてきた人生を、
今神さまはどう見ておられるかを思うと、
できません。

父が、私たちに押し付けることはできないと、
グッと飲み込んでいた願いや、夢があったはず。
小さくても大きくても、

それらを、神さまが生かして輝かせようとしておられないか…
一度点検する必要があります。

一人の人は、どれほど神の前に高価で尊いか…
を思い知らされるばかりです。

先日、父が私にやってほしかった
庭の畑を
お隣さんが喜んで手をつけてくださいました。

植えてくださったミニトマト、
キチンと水撒きがなされています。
荒れ放題、草ボウボウ、
お隣さんには迷惑でしかなかった、
蚊の住処となっていた我が家の庭に実がなります。

いつもお世話になりっぱなしのお隣りさんに、
何か、喜んでいただけることはないか…
ずっと思っていました。

これは良い!と自分でも嬉しくなるアイデアでした。

今日見たら、
私がいつも開ける縁側のガラス戸の前あたりに
水を撒いたあと。

「花ば植えて良かですか?あそこに植えたら見えるけん」

そう言っておられた辺りでした。

最後まで関わってくださったお隣さんは、
父の床屋さんです。
小さい頃ら隣同士なので、
何かと助けてくださいます。

おしゃれだった父は、
毎月一度必ずお隣りでヘアーカットと髭剃りをしていましたので、父召天の知らせに、
本当に悲しんで寂しがっておられました。
その彼に父が楽しんだ家庭菜園を楽しんでもらいましょう。

さてさて

今夜は、明日来る弟の寝る場所を作り、
明後日やってくれる
粗大ごみ廃棄の準備をしないといけません。

弟が、ほぼ空っぽにしてくれた父の部屋を、
また倉庫化してしまったので、
この部屋を片付けて、
ベッドをメイクしないといけません。

帰ってから、またぞろ座り込みませんように。

posted by JOYJOY at 20:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする