2019年06月28日

剪定

14CB7E4A-2AA8-46BC-AC43-9C269E5662D9.jpeg
父と話していました。
4月だったかな?病室でした。
しかも、重篤な患者を観察する部屋。

「いつ生垣剪定をお願いしたらいいかな?」
「6月やろ」

その時、父は自分が
6月には
地上にいるか天国にいるか、
考えなかったはずはありません。
ん?
考えるゆとりはなかった?

ひょっとしたら治って帰れるかも…とも思っていたかもしれません。
信仰告白をしたのかも…

いずれにしろ、庭の管理をもう
しなくていい。

土地は売ってしまえという話はしませんでした。

もうせんでよか…とは言いませんでした。

だから約束どおり、
6月に毎年お願いしてきたシルバーさんにお願いしました。

混んでいてなかなか…
7月になるかも…と言われていましたが、
留守でもやっといていいですかと言われていましたが、
今朝、私が縁側で洗濯物を干していたら、
タイミングよく
トラックが入って来ました。
雨の合間を見てできる仕事をドンドンやっているらしい。

いつものように剪定作業がなされています。

「柚子、もうなってますよ」と教えてくださいました。

先祖の地境を移してはならない。

旧約聖書の律法がいつも頭にあります。

父の父は、長男ではないので、しかも分家の養子だったらしく、
最初どこに土地を持っていたのか、
いなかったのかさえわかりません。
つまり、うちのルーツは不明。

多分持っていなかったのでしょう。

おじさんだか兄弟だかに頼り、
満州で土地を得ていたのかいなかったのかもわかりません。

いずれにしろ父の父が根付いたのは、
よその国の土地でした。

満州から追われ引き上げ、

初めて
この場所を子孫に残そうと思ったのかな…
そんなこと、思うゆとりさえなかったのかな…

なるようになるさ…という大陸人の心が父にも父の父にもあったのかな?
posted by JOYJOY at 10:33| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団健康診断

2535A63B-8E1D-4A49-85F5-8523573365D9.jpegA64B1530-F419-4368-B0EB-447FE1AEA69E.jpeg
梅雨空に
お隣りが植えてくださった桔梗が似合います。

私が朝一番にカーテンを開けるガラス戸から見える場所に植えてくださいました。

父の部屋だった場所の近くには
ミニトマト。

初めてミニトマトの花を見ました。

昨日は、職場で集団健診がありました。
集団健診って、
あなどっていましたが、
しっかりやるんですね。
レントゲンと血圧、採血採尿くらいと思ってました。

職員数が多いからか、
(すべて合わせたら60は軽く越すはず)

バスが2台も来て、
胸部レントゲンはもちろん、
心電図も聴力検査もありました。

私は今までに指摘されたことがない事を指摘され、
嘘やろ?と疑っています。

まず聴力検査で、
右耳低音を確認できない。

え?低音てどんな発信音?機械壊れてない?と不思議でした。

この超敏感な耳なのに…

次、診察で、
やっぱり甲状腺が大きいですね。
言われたことありませんか?
エコー検査した方がいいですよ
………などなど……

低音聴力に異常が出るのはストレスだと聞いていましたが、
まさかまさか…と疑っています。
でも、あまり困ってません。
将来困るのは困りますが。
私は目が悪いから、その分耳に賄ってもらわないといけません。

甲状腺も、このドクターの感覚だけなので疑っています。

まあ熟練した方の感覚は、どんなコンピュータデータより確か。
神のなさることは更に確か…ですが。

これまで山ほど受けた血液検査で全く異常など出てこなかったし、
甲状腺の異常を示す症状もないし、
とりあえず様子を見ます。

簡単にエコー検査…なんて、
かかりつけではできないんだから。
posted by JOYJOY at 08:44| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする