2019年07月07日

使命を失った…は嘘

「私は使命を失った」と書いたのは、
あ、表現間違いだ…と気づきました。

なくならないので、
私が見失った…が正しいです。

わからなくなってしまいました。

捨てられるか?
捨てられないか?

多分、一番捨ててはならないものを見失ったので、
まわりの
全てがどうでも良くなってしまったようです。
全部無くていいようだし、
無くてはならないようでもあるし。
もう何もするべきことがないようだし、
何もしなくても、
存在そのものに使命があるようでもあるし…

誰かが、あなたは要らないと言っても、
それでも止められないこと。
私でないとダメなこと。
造り主が、そのために私を造られたこと。
お母さんがお母さんをやめないように。
それがわからない。

にもかかわらず私を私として生かしているものが
それでも現に今残っているなら、
私の思索、感情が何を言おうが、
どう反応しようが、
それが私を生かしている使命です。


そして、それは神が私を召しておられること。

この地上で私を通して
神がなそうとしておられる召しの計画とかかわるものだと思います。

見失ってしまった「生きる道」「いのちの道」が、
主によって
明らかに見えてきますように。
posted by JOYJOY at 16:37| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使命感って何だろう?

じゃー使命感って何だろう?
いつも喜ぶ楽しみ感謝し続けられることでしょうか?

自分がやっていることに、決して文句も愚痴も発しないことでしょうか?

いいえ。

前述したように、
やめられないと感じることです。
私が全うすべきものだと感じていることであって、
使命をなしながら、日頃、使命感を感じてない人はあるかもしれません。
ある日、何かで急に、いや、これは捨てられないと感じる人はいるかもしれせんが、
大抵、使命感を感じるから、使命を生きることができています。

そのために試練艱難、理不尽が訪れたら、
不満や怒りを持たないか、
感謝できるかできないかは、
全く別の問題です。

たとえ、怒っても神さまの前に罪や弱さを認めながらも止めることができないもの。
それが使命で使命感です。

私は、一人のひとが
時々、激しく怒りながらも、止めず、使命に生き続けているのを知っています。
使命を生きているので、取り扱われます。
止めたらそんな取り扱いも
ありませんよ。


ちなみに、私は、使命感でやり続けたことがありました。
頻繁に、何で…と思いながらも、
それをしないわけには行きませんでした。
放り出すわけには行きませんでした。

あなたの言動には使命感を感じられない…
そう言われて、
本当にショックでした。

使命感がなかったら、
文句を言う前にすでに、
いい加減に、適当に、犠牲など何一つ払うことなく
自分が楽なことだけやって、
やり過ごしたと思います。

文句言う ほど辛くても、
なげなかった最大の理由は

使命感です。

たとい、永遠に続くとは思わないまでも、
少なくとも、
その時は、使命感を持っていたからできたことです。





posted by JOYJOY at 16:12| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使命って何だろう?2

使命って何だろう?
では具体的に、
あなたが、使命に生きているかいないか、
どうチェックしますか?

それは、捨てられるか、捨てられないか…
つまり、やめられるか、やめられないか。

お酒タバコを止めるかどうかの話ではありません。
ギャンブルの話、
つまり罪の快楽の話ではありません。

好き嫌い、楽しい楽しくない、出来る出来ない関係ありません。
不平不満を言い、愚痴を言うなら、
使命じゃない…は違うと私は言い切れます。

だれが何と言おうが、自分の感情がどう反応しようが、
止めることができないこと。
全うしないといけないこと。

それが使命です。

たとえば、
お母さんは、どんなに大変でも、お母さんであることを止めることはできないのです。

たとえ、離婚しても、です。
たとえ、体が何一つ動かなくても、
たとえ、何もわからない認知症になって、
自分がお母さんだということすら忘れても、
お母さんであることに変わりはありません。

その人のその人たるゆえん。

うちの母は、天に帰るまで私の母でした。
半分もうろうとしていたある日、
多分召される二週間前、
ベッド脇に座った私の、
エプロンの肩紐が、肩から落ちていたのですが、
スーッと母の手が伸び、
肩紐をキチンと戻してくれました。

凄い母の温かさを感じて涙がでました。

その母は、いつも愚痴をこぼしていました。
どちらかと言うと、
妻としての愚痴でしたが。

私が物心ついた頃からずっと
「逃げたか」「女なんてつまらん」

いっぱい聞きました。
でも母でいてくれましたし、
母であることをやめたのは、
体を離れた時でした。

私は、何度も、
じゃー何で結婚したのよ…と内心責めました。
でも、母が居て父が居て、
私がいます。
posted by JOYJOY at 15:56| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使命って何だろう。

使命って何だろう?

人間にはみな使命があります。
死ぬまであります。
母にこういうと
お母さんにもあると⁉︎
と、目が生き生きしました。

究極は私たちを造られた神が与えられたものですが、
たとえ、その人が神を、キリストを知らなくても、
すでに造られた方の使命に生きている人はたくさんいると私は思います。

ただ、それが、自分を造られた神からいただいたものだとわからないので、
上手く行かないことばかりだったり、
バカバカしくなったり、
神から、使命とともに与えられるはずの、
全うする力を
受け取れていなかったりします。

もう一度、
使命って何でしょう?
それは、その人が生きる目的であり
生きる力です。

ですから使命を失った人は死にます。

逆に、
死ぬまで捨てることができないものです。

ちなみに私はそれを失いました。
ですから、どんなにステキな結婚式に出ても、
本当の私は、死んでいます。

…続く
posted by JOYJOY at 15:41| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃が働かなかった

80D2DF07-2402-44D2-AEFC-F1720AB808D8.jpeg
昨日の披露宴は
華やかなテーブルでした。

お洒落なコース料理が
約二時間かけて、
ゆっくりとしたペースで運ばれてきました。
本当に美味しいお料理でした。
お洒落な宴でした。

量も、女性やお年寄りに配慮された上品な量。
普通なら美味しく満足できたはず。

貝の前菜、次にとろけるようなサーモンのフィレ。
上等のコンソメスープ。
これも、小さなカップに、上品な量。

そして柔らかくて美味しいお肉…
今まで食べた中で一番美味しかったです。

でも、その頃から、
そんなに凄い量ではないのに、
お腹がパンパンになりはじめ、
その後、
小さくてしかも超美味なカレーが出て、
アイスをいただくと、
もう苦しくて、
にっちもさっちも行かなくなりました。

しまった!
逆流性食道炎、慢性胃炎のことを侮っていました。

帰り道に吐くかも…

そんな不安がやってきました。
にもかかわらず、
しっかりケーキもいただく貪欲さ。

結果、私の胃は
完全に消化をストップ。

セメント固めみたいにパチンパチンに膨らみ、
どうしようもありません。

信じられない!
この私が?
普通のバンケットディナーでこうなる?

胃まで老化したのかとビックリ‼️ショック

幸い吐くこともなく、
時間をかけてゆっくりゆっくり消化され、
うちに着く頃には
回復しました。

寂しい裏話😥

昨夜はもちろん晩御飯なんて抜き。
今朝も抜き。

やっと11時に朝昼兼用
いつもの朝ごはんでした。
posted by JOYJOY at 14:50| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッセージと賛美が語る

834CDDB3-C9FC-4BAA-BF64-853FAEE5DBE5.jpeg
昨日結婚式で新郎新婦に語られたメッセージを
真横で聴きながら、
「どんな時も一緒にいる…」

何度も何度も
私の内側で主が語っています。

一緒にずっと居ました。

私にとっては、家族以上の家族。
兄弟といえば、この人達のこと。
教会。
これからもずっと一緒に居るはずだったのに、
もう一緒には歩めなくなりました。
歩幅が違う。

帰り道、
動く気力なく、
30分程の
フェリー待ち時間中、
車の中に座り込んでボーっとしていると、

「ジョイさん、アイス食べる?」
と、外に出ていた人が
アイスモナカを半分渡してくれました。

ごく自然。

本当の兄弟から流れてくる温かさ。
気負いのない
家族の温かさ。

お腹いっぱいで、苦しかったけど、
その温かさが嬉しくて、
食べました。

イヤー辛いですね。
これは…

踏み出したその道には〜
色んな事があるだろう〜
立ち止まらずに進んで行こう…

結婚式を終えて、
退場する新郎新婦のBG Mとして、
彼らのリクエストによる
キミ色のストーリーを、
立ち止まり、動けず悶々とする私が歌うなんて…

81EDDA02-ACC2-45C3-8B67-17C2BBCA16E2.jpeg
posted by JOYJOY at 14:06| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実がなる?

8F17C942-47E3-46C7-85E0-F8A7CF26AC34.jpeg
ミニトマト
ナス
バジル
8A4955C6-8784-4442-BFCB-6DE6490A40DE.jpeg
実がなる気配。

それに
「お母さんが好きやった花は何ですか?
花も植えたいので…」

「そうですねー。母は、花が何でも好きで…
退院したら、
マツバボタンばいっぱい植えるよ
そう言っていましたよ」
と答えました。

すっかり
うちの庭管理をお隣にお任せしたものの、
あまりに草が生えていて
申し訳なく、せめて、ドクダミとたんぽぽだけは、
抜きました。

14B36585-B654-42F1-8147-A6DF0A5B5D8A.jpeg
桔梗の横に
新しく土を耕したあとがあります。


posted by JOYJOY at 13:46| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする