2019年08月04日

教会に行った

教会に行った…
て、
以前の私には朝起きたら顔を洗うのと同じくらい、
呼吸と同じくらい。

自分が生きていることイコールこれだった。
私の生きるは、教会の中にありました。

なんでこうなってしまったかな…

あり得ないことが起きてしまいました。

今日も勇気が要りました。
そこに存在するのに力が要りました。
口から言葉を出すにも力が要りました。

大好きで大好きでたまらないのに、
何でかな?

でも、今日は、礼拝の中で、
一つ気づきました。
いえ、前から実は気づいていました。

神さまが、私を、私が一番なりたかった私にしようとしておられるということ。
自分ではどれだけ逆立ちしてもできないけど、
でも、すごーく憧れている姿。

一番なりたいものへと導いておられるのかな。
はっきり言って、
どんなもの?と聞かれてもわからないのですが…

posted by JOYJOY at 19:30| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誘惑スポット😂

6F5D3603-36C7-41F6-B8E0-1E0A1A57DDB2.jpeg
ダメだ!

待ち時間ができてしまうと、
誘惑スポットにハマります。

長崎駅で乗降すると、
ついつい職業病虫がムズムズ動きます。

ここにしか売ってないシールがあります。
お目々に使う黒丸シール。

壁面装飾係としては、
必須アイテムですが、
なかなか…

ここに来るとあるのです。

ついでに、
きっと使えるかも…と、
やっぱり
いくつか買ってしまいました。
たくさん
可愛いシールがあって、
迷いに迷い、厳選したシールたち。

😂😅

明日から三日間は、
朝勤務。💦
午前中の壮絶なお仕事に、
体が耐えられるかな…
主の助けを求めるのみ。🙏

posted by JOYJOY at 16:31| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目覚ましをかけた

image-9ffc4.jpgimage-03092.jpg
あれ以来、
はじめて目覚ましをかけました。

今朝は苦痛なく目覚ましで目覚め、
聖書を読んで市民大清掃に行きました。

何せ、今年は班長なので、
これが様々うっとおしいのです。

7時半からでしたが、
6時半から公園の草取りをしました。
誰か来たらお願いして、早く終えようと思いましたが、ついにうちの町内の役員さんは誰も来ず、
同じ班の方が一人だけ来られて、
どうしたら良いか、困っておられて聞かれました。

「おかしいですね。
私たち、間違えていますかね?」
などと話しながら電話しましたが、
会長も副会長も電話に出ないので、

「もういいんじゃないですか。
ある程度やったら終えられたら…」と、
班長権限を使って、私もサッサとやめました。
だいたい熱中症警報が出ている最中に、
無理に清掃なんかやらなくても、
いつでもいいじゃないですか。

日曜、散々迷って義理堅く町内に忠義を尽くし、
裏切られたのはこれで2度目。

私は、やるべきことはやりましたよ。

だから今日は教会に行こう。

あんなに辛く寂しく、悲しい思いを感じてしまったのだけど、
本来の日曜に戻そう。

主に対して、主にだけ礼拝するだけ。

あれ以来目覚ましをかけなくなりました。

…というのは、
いつのことか忘れました。

とにかく、あらゆる音に体が反応し始め、
ドキドキバクバク
体がこわばり、
心は苦痛信号を叫び続けた時期がありました。

朝の目覚めは、まるで鞭打ちのような苦痛でした。
一番生きているのが辛く感じる時間でした。

ラインやメールの着信音も同じ。
開きたくなかったです。

すべて、….しなければ…
これをしなければ…
〇〇時までに…しなければ…
と思わせる信号になりました。
また責めたてるサインでした。
すごい荷物をドンドン載せられる家畜の苦しみでした。

人の話し声がイライラしました。

今も、電車の中で話す、ある声質は、
もう止めて!と、叫びたくなるくらい
カンに触ります。

でも大分マシになりました。

多分、友達のために、一緒に時間を定めて毎日祈り始めたとともに、
自分の体が変わったのがわかります。

夜もスッキリしています。
朝起きるのが苦痛でなくなりました。

主に祈るとき、
私たちの霊は、主の光の中にいるのだなと明確に実証されました。

もう一つは、
自分が必要とされている…
これが人をどれだけ生かすかも明白。

もう一つ
人は、受けるのでなく、与えると幸せなんだということ。
主のことばのとおり。

受けるより与える方が幸い。
posted by JOYJOY at 10:35| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする