2019年09月29日

礼拝中に救いの受け入れ

7B85E25B-A316-4ED9-A9AC-67CB1C637C32.jpeg
雨ふるか、どうだ?
ま、とりあえずやれるとこまで…
と今日もかよちゃんを庭に連れ出して
礼拝ライブ配信を再生させました。

微塵も動かず、ジッと画面を凝視し続けていました。

すると、一人の患者さんがやってきました。
よく
こうして他の患者さんが寄ってきます。

教会んとですか?と言うと、喋り出しました。
私はピンと来て、
名前を尋ねました。

ビンゴ!
かよちゃんが伝道して欲しいと言っていた人。
しかも、
かよちゃんから聖書をもらったとか…

すぐ、自分が書いたガンからのいやしの証しが載った、月刊誌をプレゼント🎁

再び礼拝に集中していると、
また彼女がやってきました。
そして、自分のことを話し始めました。
お母さんが危ない。89歳だとか、
すぐ、かよちゃんから遠く離して、
お祈りしましょうと誘い、
十字架の赦しと永遠のいのちと、
よみがえりのことを話し、
信じる受け入れのお祈りを一緒にしました。

もちろん、危ないお母さんのためにも祈れました。

それから、何度も何度も彼女はやって来ては
自分のことを話してくれました。

良かった。
一人の人が、
十字架の赦しと永遠のいのちを受けることができた!
かよちゃんと神さまに感謝‼︎‼︎
A127C90F-666B-4184-983B-28BF9F5EDEE9.jpeg
雨が降るのに、
まだ庭を歩くAさんに、
天の平安あれ。
posted by JOYJOY at 12:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

配布物配布途中

523DEABC-9B39-4ACA-93A5-54F66D850E26.jpeg
人間目覚めから十六時間後に眠くなるのだそう。

脳がそうできてるんだとかで、
そのタイミングで寝れたら…とか読んだことがあります。
今朝は四時に目覚めました。
ちょうど十六時間後の8時に、眠くてたまらなくなり、二時間半眠ってまた覚めました。
健康的なのかもしれません。

今日も町内会の配り物。

手に持って歩いていたら、
先日、おばちゃんが集会に呼んだにもかかわらず、来なくて、
おばちゃんに強く勧められてお宅までフォローに行った方から呼び止められました。

実は、フォローのため行った時、御主人が応対に出てこられ、
「いない」.と嘘をつかれました。

奥さんヘの執着が異常に強く、
シツコイ聞き出しが始まり、背筋がゾッとしたのです。
やはり奥さん、大変なんだなと思っていました。
色んな言い訳を言って断りましたが、
実は、本当の理由は
この縛りがキツクて、行くに行けないのだ。

今日彼女は散歩中でした。

お話好きです。

介護しているその御主人の話になりました。
あまりに奥さんに対する執着がひどくて、
奥さん、病気になったそうです。
たまらなくて、こうやって外に出て息抜きしてるそう。

次の集会に誘いたかったけど、
夜だし、
また御主人が大変だし、
それを押してまで来る力はないよね…と、
口に出せませんでした。

さらに天に帰った両親の話。

二人にとても世話になったと…。

実はこう言ってくださる方は町内にたくさんいらっしゃいます。
言われて、きっとそうだろうな。
父なら、母なら、きっと良く話も聞いて、世話してあげたよねと素直に思います。

二人とも居なくなって寂しくなったろ?と。

その後がビックリ‼️

でも、えり子先生(彼女の娘さんの家庭教師をしていたので、そう呼ばれます)の中には神さまの宿っとらすけん
良かよね。
私なんか、無信心やっけん、どがんなるやろ…
と…

ここでそんな言葉を聞くとは!

そう。私の中にはキリストの御霊が住んでおられます。

でも、やっぱり一人っきりでこの地上を歩まないといけないのは
寂しいよ😭
posted by JOYJOY at 23:11| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌な予感

BD3C7F63-38DE-4B88-B37C-25260A4B717B.jpeg
昨夜、また班長会議がありました。

だんだん出席する班長さんが減ってきました。
三役以外8人いるはずですが、
昨夜は4人でした。
文化祭が、メーン議題でした。

作品展みたいなものをやります。
それはそれでいい事かな…

黙って聞いていました。
何にしても
積極的に活動しないので、
黙っておこうと決めています。

父母はお世話になってきたかもしれないので、
とにかく一回は義務を全うする!

本気に聞くと、色々言いたくなるので、
深く考えず…資料を追って行きます。

始まる直前、みなを待っていた時、
会長さんが、
「木村さんのお休みはいつですか。」と聞かれ、
ドキリとしました。
何か嫌な予感…

文化祭、一日だけ受付係を協力することに…

作品展はたしかに高齢の方たちをキラリとさせます。
そのために作品を準備した父が、生き生きした姿になりました。

同時に、
無料でカフェだの茶会だの食べ物を提供するらしいのですが、
財源は?と気になりました。

無料ってどうななかな?と気になりました。

男性たちがやるカフェらしく、
それはそれでやる男性たちも楽しいのかもしれません。

文化祭の目的は親睦かな?
親睦って何のため?

親睦が本当に必要なのは、親睦の場にも出て来れない人たちだと思います。

多分町内会の範囲を超えること。

みんな本当はもっと追い詰められていたり、
町内のお楽しみなんて、私に関係ない世界だわと
ギリギリだったり…じゃないのかな?
なんて少し考えました。

私は、いつも、そう考えるのです。
教会でも、
そう。


世の中には、来いと言われて、行きたくても行けない人、
じゃーネットで…という手段さえ、それも許されない人が山ほどいるんだな。

そんな人たちは、
座り込み、立つ力さえ出てきません。
行かないと助けはないんだ。
人生、こんなものだと諦めきっています。

ベデスダの池の病人のように。

だから、こちらから行く。

人数が増えることがいいことでなく、
助けが届かないといけないのは、

どこにも助けはないんだと諦めるしかない人生の闇の中でジッとしている人のところ。

その人が、助けを求めるのなら、
私は行こう。

キリストがそうされたから。

posted by JOYJOY at 14:43| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする