2019年09月24日

お風呂だ!お風呂だ!

F6164C99-17A3-4C8E-B19E-F45284F438F3.jpeg
滅多に入らないお風呂に入ろう!
あまりに疲れ果てたら、
風呂もシャワーも
とにかく後。
寝る!
となってしまいますが、
今夜は
どうもマズイ!
ゆっくり腰を温めよう。
posted by JOYJOY at 21:54| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰が抜けそう

「休み過ぎ」と書いたら、
今日からクラスへの応援が切られた!😱

0歳だった子供たちがほとんど1歳のお誕生日を超えて、
実質一歳児クラスになったので、

子供6人対職員1人が最低基準なのです。

なので、うちには、全出席でも常時三人いれば良いことになります。
もちろんまだゼロ歳児もいますから、それを見越しても四人で良いことになります。

一番職員数が多い時間帯には5〜六人になるので、
もう応援は切られました。


今まで同じ法人の小規模保育園にたくさんいる新卒の若い子たちが、
交代で訓練を兼ねて応援に入ってくれていたのですが、
そちらの方にゼロ歳児が入り始めたのです。

というわけで、
お迎えが始まる4時半くらいから、
三人で今日は12人を見ることになりました。

と言っても、
子供にだけかかっていられず、
常にやることがてんこ盛りです。

なので、
純粋に子供に対して6人に一人にするには、
やっぱり足りません。

一人はお迎え対応をし、一人は子供たちを見、一人は最後の掃除や片付け、戸締りなど。

この最後の掃除が私一人にかかり、
これまで応援の若い子たちがやっていた5クラス分の靴箱掃除もやることになり、
正直勘弁してよと言いたい肉体労働です。

今日は、台風の後の汚れた窓拭きも、ギンギン暑い中照らされながらやって、
あとはずっと肉体労働でした。
子供たちが午睡から起きた時点からハードでした。

おやつ準備ーーおやつのためにテーブル椅子を準備し、子供たちのエプロンを出します。
給食室からおやつをいただいてきます。

その際
子供たちの食事形態がいくつかグループに分かれ、かつアレルギー食があり、牛乳でなくミルクを調乳しないといけない子供もあり、間違えないよう気を使います。

それができたら、食後の歯磨きのため歯ブラシを熱湯消毒しときます。

早く準備が出来たので、まだ済んでない子供たちのお着替えとオムツ変えを手伝いました。
その間一人が子供たちを集め、人寄せパンダになって、おはなしや手遊びをして散らないように頑張っています。
私がそれをやる時もありますが、
今日は準備に回りました。

それから、子供たちが手を洗い、一人一人テーブルの席に連れて来られるので、手に消毒液をつけてあげて準備完。

子供たちが食べてる間に次の保育環境準備をしましたーー
部屋の半分にダストモップをかけて、
どんな遊具を準備するか考え、倉庫から持ってきて自由遊びの環境を作ってあげます。

今日は、マットのお山と階段と、ボール、さらにぬいぐるみと小さな車類と乗れる車を出しました。

子供が怪我しないよう倒れそうなものを縛ったり、
勝手に出ていかないようフェンスを何枚か並べて仕切ったりして、これも動かないよう縛ります。

子供が歯磨きを終え遊び始めたら、
おやつの後片付け。
テーブル椅子を拭き、床に落ちた食べ物を拭き取り、
歯磨きを再び熱湯消毒し、床を掃いて拭く。
すべて消毒液を使います。
まだ離乳途上の子がたくさんいた頃は、更に哺乳瓶消毒乾燥もありました。

調乳室を片付け、
日に干していたシーツや洗濯物や子供たちの枕やラックを片付けます。

それでやっと子供たちを見れます。

その間熱発した子のご父兄への連絡に一人が入り、電話で抜け、早く帰る子の着替えに一人、やはり一人応援をいただいて、一人が子どもを見て、一人がお茶を飲ませていました。
どうしても最低基準の人数では回りません。
随時必ず子供を見る目が二人分必要です。
活発になってきて、落ちたりこけたり、噛んだり引っ張ったり、引っ掻いたり…と目が離せません。

順次子供たちの最後の着替えが始まり、

四時過ぎに看護師さんが帰るので、
彼女がやっていた子供の最後のお着替えを引き受けて済ませ、
それで、やっとクラスとしては終了で、お隣に合流です。
子供たちを移動させたら最後の掃除と片付けと五クラス分の靴箱清掃。


その後、私も合流して子供たちを見ました。
お迎えが遅くなって泣く子を、立って抱いていたので、
あー
腰が!腰が!
腰がぬけます。

整体を明日に変えといて良かったです。
帰ると一時間くらいは放心状態です。
posted by JOYJOY at 21:17| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする