2019年10月13日

ついてる

ED4539EE-C36E-4B1D-B1D4-87CE80246232.jpeg
台風直後門灯が消えた。
電球交換を電気屋さんに頼んだら、
何とセンサー自体が台風で割れていた。

今時このタイプはありませんと、
電気屋さんに言われて、
もう門灯なんてなくていいかな…そう言えば、門に灯りつけた家なんてないなあ…と一瞬思いましたが、この通り、夜は暗い。

しかも中学生が通ったり、通勤の人が
駅から歩いてきたりします。

やっぱり灯りは消さない方がいい。
私が私の責任ではじめて工事を発注しました。
少しでも日がかげるとついてます!
posted by JOYJOY at 20:04| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しい秋の夕日

93203922-7AF3-4718-88BC-A09BC093383F.jpeg
台風が日本を駆け抜けた後
まさに秋の夕方
215176EE-314F-43EE-9412-A8D0E98B027F.jpeg
DC6C49F0-0274-4C9F-81A8-3731DACE218E.jpeg
気温も変わった。

ヤッホー
明日も休み😄
posted by JOYJOY at 19:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な場所で礼拝

A5567867-1348-43D2-A31F-47B60DCC59EB.jpeg
今日もかよちゃんの病院の庭でライブ配信で礼拝できました。

二人でやっていたので、
聖餐カップ二つしか持っていませんでしたが、
三人になりました。

不思議

こんな場所に礼拝出前するなんて。

やっぱり私はベデスダの池に
どうしても心が向きます。

多分、
自分が目のために社会について行けなくて悲しかったので。
反面、
期待しても期待しても奇跡は見ることがなかったのですが、
この目のおかげで、普通なら見ることができないものを見ることができたからかな…

posted by JOYJOY at 19:37| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭悪かとですよ

A2BAF5FD-2662-4C4D-A1F4-7CC1B01C0410.jpeg
今日は台風後のためか風が強く、
病人には厳しいか?と少し気になりましたが、
やはり、かよちゃんを庭に連れ出しました。

どこで見つけたか、
すぐAさんが追いかけてきました。

そして離れないので、一緒に礼拝ライブ配信を見ることにしました。
小さなiPhoneの画面が見えたか見えないか…

とはいえ、患者さんです。

途中で喋り出されたら…
かよちゃんが嫌がって席を立ったら…
さまざまな心配を主にゆだねました。

最初、事が飲み込めず、Aさんは喋り出しました。
声が大きくて、正直、かよちゃん、集中できないよねなど不安になりました。

「こいは何ですか」と聞くので、
礼拝よと答えると、
「私の弟の娘の旦那さんのお父さんも牧師で…」
(やっと覚えました)

それで、「そう。じゃー今その人もこうして礼拝してるよ。
教会行ったことないでしょ?
だから、行けないからこれ、テレビと同じように礼拝が今あっているのを見て礼拝してるとよ。」と説明して
しばらく集中してくれました。

なかなか離れないので、
聖餐、どうしよう…と迷いましたが、
短く説明すると、不思議そうな顔で、一緒に聖餐を受けていました。

またしばらくすると、
「私は救われるやろか?」と聞いてこられたので、
救ってくださいとお祈りしたから神さまは救ってくれたよ。
神さまに何でも本気でお祈りしつみて…などなど
話しつつの礼拝でした。

二人とも、後半賛美と預言に聞き入っていました。
しかし、この病の特徴。

突然パタンとスイッチが切り替わり、
他のことが気になり出すのです。

昼食時間が迫ると立ち上がりました。

かよちゃんがトイレに行っている間に、
Aさん「私、頭悪かとですよ」

これを言わせたくない。
いつもそう思います。

子どもにも受け取れる。それが福音だから。
頭悪くても勉強嫌いでも、
先生のお話聞くのが苦手な集中力のない人も、
とにかく恵みを受け取って欲しい。
必ずわかるように神は語られるから。

しばらくすると突然Aさんが、窓に向かって叫びました。 

「おーい!おーい!」

何かに反応して発作でも起きた?とビックリしていると、
彼女が満面の笑みを浮かべ、こちらに向かって来ました。

そして「弟の来た!」
一度通り過ぎてまた、
「弟の来た!外食😄」

ほらほら!😃
真の神を礼拝したら祝福があるよ。
posted by JOYJOY at 12:00| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手が痛かった

29AB50CE-3828-4D86-9EE4-B906E536D401.jpeg
一昨日、延長児5〜6人を見ていた時の事。
中に、たまに延長になってしまう兄妹がいました。
この4歳の兄の方が問題児とされていて、
指示に従わず、
乱し回る…らしいのです。

一昨日も、いつものように、走り回っては、
座ってはいけないと言われている場所に座ったり…
まあ好き放題。
そこから落ちて乳児の頭を冷やすことがたまにありますから禁止!なのです。

私個人としては、子供はこうなんだ!という持論がありますが、
園のしつけの方針は結構厳しいのです。

また座ってはいけないものを作る方が悪い!と思いつつ、これも園の方針に沿わざるをえません。

さて、この子が座ると、彼の2歳の妹も真似をします。
それで、もう一回やったらお尻を叩く!と注意しました。

それから、ものの5分とたたないうちに、
彼はふざけて、また同じ場所へ…
「約束したよね」
そう言うと、
私は彼のお尻を平手で目一杯たたきました。

まさか本当に叩かれると思っていなかったか、
彼のヘラヘラ顔が歪み、泣きそうになりました。
妹も泣き出しそうに…
ところが、
下に座って遊びなさい!と
ゆかに座らせ、ブロックを前に集めてあげると、
同じ子か?とビックリするほど、
先生、先生…と甘えて普通に私に遊んでもらうことを楽しんだのです。

しかし、叩いた私の右親指は、内出血して痛いのなんの…
父なる神が私たちを、あえて叱責し試練に合わせられる時、
だれよりご自身が痛みながら愛のムチを与えられるのだと身をもって知りました。

さて時間となり、
「先生、帰るから」と言うと、
彼はダメ!と再び顔がゆがみ、
妹は、私の膝に顔を埋めて離れません。
お母さんが丁度お迎えに来られたのですが、
彼女は泣く泣く職員に運ばれて行きました。
posted by JOYJOY at 09:19| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする