2019年10月20日

こんな物が!


9A8AE91D-7138-40ED-97CC-D69697F0C4C5.jpeg
あまりJRを使わなくなって、
気づかないうちに、諏訪駅にこんな物ができていました。

新幹線の高架がつながっています。

変わる。

私たちが慣れ親しんだ風景がなくなって
違う風景が出来ていく。


教会も変わる。変わった。

新しい風景に、
自分がどうにもはまらない。
戸惑っている。

周りがどう変わろうと、ただ自分の分をなし続けるだけ。
posted by JOYJOY at 23:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふと助けを求める顔が

BA894D1E-3975-4462-9E5E-AF6504FFB007.jpeg
今日は7時から聖会があるとかで、
それまで時間を潰します。

断食なので、あとしばらくは物を口にせず、
祈って…
とはいえ
歩かないとジッとして祈ると腰に来るのです。

今日の礼拝中、賛美していたら、
先日話した新卒一年目の先生の顔が、
フッとよみがえってきました。

助けを求める、不安で歪んだ表情。
助けが欲しいのだ。
でも私には答えがない。涙が出てしまいます。

次に、今日かよちゃんと礼拝ライブ配信を見ている時にやってきたAさんの、
「悲しか…」とすすり泣く顔。
どうしたら、愛してくださる父なる神に出会ってもらえるだろう。

しばらくして、横にピタリと座って離れず、ジッと見つめる初老の男性の顔。


この人たちの顔が全部輝いて笑顔に変わるために、
私は何もできません。

答えは、全部キリストが持っていらっしゃいます。

そちらに目と心を向けてもらうために、
主の指示が待ち通しい。


posted by JOYJOY at 17:33| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝われ!

D9E79F7F-7FCB-48C5-924C-878B6B3AD955.jpeg
色んな人の悲しみや戦いや痛みを聞いた。
その人たちのために祈った。

そして、その時々に主に導かれるままに伝えた。
また物をあげた。

彼らに受け取って欲しいのは、
私の気持ちでも優しさでもない。

そんなものでは、
悲しみが喜びに変わることはない。
戦いに圧倒的な勝利など来ない。
痛みが不思議な喜びや楽しみや愛の泉に変わる奇跡も来ない。

理屈では伝わらない。

でも、イエスさまは、
病人や身体に障害を持った人、悪霊につかれた人、貧しい人、
罪人や取税人の所に行って、
彼らに福音を語り、病をいやし、悪霊を追い出された。

言葉だけではなく、実を伴って福音を伝えられた。
伝われ!
福音のみことばの実。
posted by JOYJOY at 12:36| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある列車

9C68DA1A-708A-49B7-9C6D-6B03DD5D48FA.jpeg
何とも言えない気持ちで諫早駅に着いた。

すると、いつも乗る長崎行きの表示がない。
そこには「ある列車」の出発時間が挿入され、
だからまだ表示が上がっていなかった。

D751FC78-5DD4-4B8A-A691-2FA41551E83A.jpeg
長崎行きの乗り場にはこれが止まっている。
この後に入ってくる。
655E635B-3012-427B-8005-156375D4C2B4.jpeg
と思ったら、隣の線に長崎行き特急が先に入る。

ここでも…か…

私が相手にしたいのは
特別キラキラ列車でも白いかもめでもない。

ともすれば家族のお荷物となり、
あるいは社会の一番後ろに居る人たち。
あきらめ、動くことさえできなくなってしまった人たち。

家族の苦しみや痛みの元とさえなる、
あるいは邪魔だと言われ、
そして、忘れてしまいたくなるベデスダの池にいる人たち。

外に関心をもつことができない。
世の終わりがどうなろうが、
関心をもつことさえできない人たちが、
とにかく今日、今、自分が少しでも痛み少なく楽に生きられれば良いと思っている異次元の世界。

そこにこそ、
キリストは、十字架の恵みを届けたいはず。
そこはキリストの福音によってしか
いのちを吹き返せない世界。
posted by JOYJOY at 12:10| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まざまざと

8D421066-9CA8-4849-B0B3-7C6CCC73BDF2.jpeg
かよちゃんをメッセージまで引っ張ることが出来なかった。
まざまざと、福音を「伝える」ことの難しさを思う。


途中、Aさんもやってきた。
「死んだ」「お母さん死んだ」悲しみに泣いていた。
すぐ戻ってきて、100円硬貨を出し、
うち、貧乏やっけん…と差し出した。
イエスさまは、
尊い捧げ物だと受け取られる。

こういう人たちにこそ、伝わってほしい。

ロシアも長崎派遣も、訳わからない
遠いかけ離れた世界で、
わからない。

ただ今の関心は、
オシッコが漏れそう…という一点。
洗礼をすすめかけ、
口が止まってしまった。

この一員になれ…は、無理…か…

posted by JOYJOY at 11:24| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする