2019年10月24日

証しできた!

この頃、職場に行く前に、あまり真剣に祈らなくなっていた。

今朝は心を入れて真剣に祈った。

すると、滅多に言葉を交わすこともないような、
よそのクラスの先生と、二人だけになる機会ができ、
午後から来て毎日延長当番をする、
私の不思議な勤務体制についての質問から発し、
色々聞かれて、
ついには何故キリストを信じるに至ったかにまで質問が及んだ。

途中、人が来たりして話が中断されても、
それで…とまた質問の続きが…

彼女にとっては、
はじめて聞く世界で、
すべてが、
エーッ⁉️
それ何?なんで、なんで?と不思議づくしだったらしい。

何故家族の中で一人キリストを信じるに至ったのか…親から受け継いだのでもないのに…
というのが不思議だったらしい。
一体何故そうなったのか?

何とか理解しようと聞き出すものの、
持っている経験や知識の範囲にはまらないので、
なんでそういうことになるのか、
一体キリスト教とは何なんだ?とビックリしたらしい。

私もビックリした。
あまりの主からの真実な答えと、
こんなにも突っ込んで聞きたがる人がいたなんて。
posted by JOYJOY at 23:13| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次々

保育園の先生たがあちこちで体調を崩して、「お休み」連絡が入ります。

連絡ボードには、「体調管理」の文字。
と言われても、なかなかできない保育事情。

原因不明で白血球低下だったり、
食欲減退して脱水症状になりながら、無理して半日勤務したり、
私が親しくしていた先生も、
先日、延長当番でご一緒した際、
「先生、久しぶり。私、先週体調崩して休んでいたの」と言われました。

昨日は、同じ法人の別施設で肺炎だとか。

「過労さ」と他の先生が言っていました。

昨日テレビで学校教員の激務を報道していましたが、
いやいやどうしてどうして、
保育園も激務です。すべて職能手当てに含まれます。

勤務時間も、あってないのと同じ。
教員と同じです。

たいてい8時〜18時が普通。それを超えて部屋で準備したりしていたりします。

休み時間はまずありません。

土曜に行事や職員会があるので、土曜休みに当たると出勤しているようです。もちろん休日出勤手当てなんてありません。

行事は多く、毎日子供達は問題を起こしてくれ、対応に追われています。

昨日は、延長の子たちを見ていたら、
あっ!〇〇君が、△△君のカバン、持って帰った!と、確認に来た担任が慌てて電話にしがみつきました。ある年齢以上はみな園のリュックなので、慌てん坊の子は間違えてしまいます。

なかなか連絡がつかなかったようで、担任はもちろん6時には帰れません。

間違えられた子は、ひどく腹を立て、
んもー!僕のカッコいい保冷剤も、歯磨きも、お弁当箱もどーすんだ!と足を踏み鳴らしていました。

日曜お休みに、保育のための準備や買い物、探し物をして、また月曜日から…のサイクルです。

天職だと思ってないと続かないでしょう。
つまり召され献身していないとできない仕事です。
早くキリスト中心の保育園ができたらなあと思います。

私が高齢パートとして扱われなかったら
この波の中で
どうなっていたか。
今日は、夜保育士総会があるので、
先生たちは早めに園をでます。
理事長先生と、当番の先生たちと私が残り、
当番終えた先生たちは遅れて出席だそうです。
早め…って、つまり6時より前ということで、
なるべく早くという意味で定時退勤ということではありません。

帰りは昨年10時近かったそうです。
明日も明後日も子供達は来るのに…

凄い仕事です。
これが楽しいわが人生わがいのちにならない人には
ただただ辛い日々となるのです。
今時の若い人たちは、
それでも保育士やりたい!と願ってくれるだろうか?

牧師も24時間牧師です。
24時間何かをしていても、
24時間何にもしなくても…
給料なし時間外手当て、休日特別手当て、賞与昇給なしでも、

私は、それでも牧師でありたい!
そう願っています。

それ以上の恵みと守りと養いを受けるからです。

posted by JOYJOY at 08:15| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする