2019年12月01日

叫んだら

8C7D0D01-2670-48B6-BCE7-86D48B5023A2.jpeg
JR乗ったら即神さまに叫んだ。
たまらなかった。

しばらくしてから、
気を紛らすために、片っ端からヤフーの投稿記事をまさぐった。

すると、
私は初めてこんな記事を見た。

絶頂期に難病を発症した超売れっ子漫画家、エッセイスト、コメンテイターが
漫画も書けなくなるのかという
絶望の淵で聖書に出会った。
それが彼女を救った。

きっかけは、高校時代に読んだ塩狩峠…
それを思い出した。
離婚していて、だれも助ける人はいなかった。
親とも疎遠だった。

聖書を読み始めてから、仕事もできるようになった…
試練を通しても神さまが自分に何か示しておられると思った。


主が私にこの記事を読ませてくださったのか…と感じた。

聖書、最近目がキツく、腰も痛いので、読めてない。
読む気力が失せていた。



ポリアンナのように良かった探しをしようか。

ひどい雨になった。
でも先週教会に傘を置き忘れていたので助かった。
良かった!

乗車前にコーヒーを買って飲んだら
トイレに行きたくなった。
最近は長く我慢できないことがたまにある。
しかし、
うちに帰り着くなり…だった。ギリギリセーフだった。
良かった!

うちに辿り着いたら雷⚡️
外歩いてる時じゃなくて
良かった!

神さまの恵みあわれみを感謝します。



posted by JOYJOY at 18:11| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またこの症状

B3AD84DE-3695-4211-8B98-C64BDD532464.jpeg
まただ。
同じ症状。

西友で買い物しながら座り込みたくなった。

悲しみ、虚無、明日からどうやって生きたら良いかわからないほどの挫折感。

孤独、疎外感…

気持ち悪くなってしまうくらい。

全てのことのゆえに主を賛美せよ。て、

できないよ。
押しつぶされそうな絶望感。

私が安心できる教会が欲しい!
疎外感を感じなくて良い教会が欲しい!
一人ではできないよ!
神さま!!
パウロとシラスだって二人だったじゃない。

牧師でいたいよ。
一生イッカイの牧師でいたいよ。
みからだを通して救われて欲しいよ。

なのに、どこに行っても戦力外

なら

早く呼んで!天国に呼んで!

早く!!1日たりとも、もう耐えられない。
posted by JOYJOY at 16:21| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変わった

423C45C1-5626-4863-B6C4-9DAB3C03255F.jpeg
以前私は、教会に起こっている素晴らしい神の働きを伝えたかった。

確かに聖書に書かれているとおりに
神は生きておられますよ。

奇跡は起こってますよ。

いやされますよ。神のことばである預言は本当に成就しますよ…

などなど…

自分が以前、聖書に書かれているこれらの働きを実際みたい。体験したい。
悪霊が出て行きさえすれば、人は解放され救われる!それを願っていたからだろう。

それを伝えたくて、
そのためなら何でもしたかった。
クリスチャンにも伝えたかった。

ある時、だれかが、そんな私を
牧師として基本的なものが欠けていると批判した。

その時は、何で?と思った。

今わかる。

以前と変わった。

救われるのであれば、本当に解放され救われるのであれば、何だっていい。

そのためになら、奇跡をいやしをしるしと不思議をも現して欲しい。
私にはできないことを
救い主はされる。

その対象は教会の中でなく、
外にいる。
教会の中に来た人は
救いの手を受け取った人だ。
祝福された人だ。

posted by JOYJOY at 13:42| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医者は生命を助けたい

医者は死に直面した人がいたら
放っておけない。
たとえ自分がどうであれ。

牧師は、沈没しそうな人、
一人離れて不安と恐れの中でもがく人を
放っておけない。
叫ぶ力もなくなった人を放っておけない。

体が動いてしまうのだ。

たとえ自分がどうであれ。

それは働きがどれだけ進んだか…と言うこととは、
また別の話だ。

私は助けたい。助かって欲しい。
救いの手を掴んで欲しい。
ただそれだけ。

昔昔、多分15年くらい前、
「一生一医者」という言葉が
ある医療ドラマで言われた。

彼は死ぬまで一医者だった…
つまり、偉大な教授や功績を挙げた研究者や
何とか部長でなく…

ドラマの内容は忘れた。

だが彼は大事故に遭い、逼迫した状況の中、一緒にけがしただれかを助けて、力尽き亡くなった。

着ていたトレーナーに
一生一医者とあった。

一生一牧師になれるかな?
神さまが働いてくださらないと、この領域の助けは与えられないのだけど、
少なくとも、
そのために自分を差し出せるかな?

A925C195-ED0B-48F8-BE3C-6FFF8AF2CE44.jpeg
posted by JOYJOY at 12:25| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しかね

FB92C270-C1FA-45E8-8CF8-F57C4705E446.jpeg
この真横が喫煙所
礼拝していると、患者さんたちがタバコを吸いにやって来る。

おじさんだけでなく、
顔見知りのあの婦人も、
またAさんも…

かよちゃんと別れてから、
写真を撮りながら帰ろうとしたら、
丁度Aさんと出会した。

「今日も、タバコ要らなくなるようお祈りしよう」と声をかけて祈った。
最初笑っていたが、
祈り終わる頃、「ハイ」と相槌を打った。

祈り終わると、「先生、優しかね」
と言ってくれた。

キリストが友となられたのは、
こんな人たちだったのではないかな。

つまり、自分でも、こんな人生しかないと思い、
周りからもあまり相手にされない人たち。
タバコでしか平安を得られない人たちを
自由にするために十字架にかかられた。

彼女は、「自由」と言う言葉に反応した。

posted by JOYJOY at 12:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここで迷う

DFCCC645-5FE4-4AD2-B301-5EF107221804.jpeg
はじめてかよこが、時間を尋ねなかった。
前回キツく迫ったからかもしれない。
なので、こちらで時間を切ってあげた。

毎回、ここで迷う。

長崎に行くのか。
大村に帰るのか。
行っても、またあの気持ちで帰ってこないといけない。

けど、帰れとは主は語らない。

捧げるのが礼拝。
自分の感情も、痛みも、悲しみも
肉が感じる全て。

と毎回行くが、
帰りは悲しみと虚無感のお土産。
先週はすがえり。
DDEDAF9B-0E23-403C-B821-640CD7F27335.jpeg123E7C2B-C6B7-431A-BD5D-DF54C90FCD15.jpeg
主イエスさま、あなたは私を祝福するために、
私の呪いを引き受けてくださった。

posted by JOYJOY at 11:21| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醜いもの

2DC177E9-6742-4F9B-818C-B5956CCF84F6.jpeg
ここに立つと、
朝日が見えて、元気にしてくれた。
夏の早朝は特に綺麗。
冬はサンサンと日光浴ができた。
遮るものがない青い空は気持ち良かった。

こんな醜いもの要らない。
人間のエゴが、浅はかな知恵が、
一時の利便を求めて、
創造主の、完璧で美しい作品を一つ一つ壊す。

にもかかわらず
神は愛。
あわれみに満ち、恵みに恵みをまし加えられる。
posted by JOYJOY at 09:29| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする