2019年12月06日

豆の花が咲いた

F1F7F2C7-5B30-44AE-96E7-A6EB4B16F0FE.jpeg
大事故で頭蓋骨を骨折されたお隣さんが、
再手術前に植えてくださった豆。

最終治療が完了して
退院して来られたら咲きました。

この寒空に、けなげに咲いています。
CB175481-DE08-46F0-9948-35AA5F54F951.jpeg
明日はお遊戯会。

4月には立てず歩けず、
泣いてばかりいた赤ちゃんたちが、
目一杯ドレスアップしてもらって、
ニコニコステージに立てば、
ただそれだけで花丸でしょう。

部屋では、音楽が鳴ると、可愛く体を動かして
それなりに手足の動きをなしています。

ご両親にはこちらを見せたい!

昨夜は、延長になってしまった子が、
ブロックを組み立てて、
何と作品を完成させました。
感動❗️ビックリ‼️

この子は延長になることが多く、
早朝預かりにもなり、
年長児たちがブロックでさまざまな作品を作るのを見ていたのでしょう。

にしても、ゼロ歳児クラスの一歳児ですから、
デコにボコを組み合わせる…なんて発想できないし、
穴に突起を突っ込んむこと、しかもサイズを合わせるなんてことを
学習するまで集中してやり続けるなんてこと、
いつのまにか身につけたのです。

寂しさに耐えざるをえない子に与えられた
報い。

夕方5時を過ぎると、さすがに
膝の奪い合いが始まります。
最近は結構露骨。
一人が座ると、次はその子よりさらに私の体に近い場所に割り込み、次が更に…

一人の子が泣くので、おもちゃでやて遊びで相手していると、
周りに
ズラリと…

隣りの一歳児クラスの子たちも…

これもまた、遊んでいる子と、私の間に割り込みます。

いないいなああばあ…や、ナベナベソコヌケは、
際限なく続きます。

最近はこれは営業中止です。

レベルが高いのは、
履かせた靴下をワザと脱いで何度も履かせてもらう。
一歳児さんは、
自分の脱いだ靴下をブラブラ持ってきて、
自分で履いてごらんと言ってもらい、
手伝わせ、できた!上手ね…が欲しい!

私を見て!は、
ゼロ歳から現れ、ずっと一生続きます。
posted by JOYJOY at 10:59| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする