2019年12月15日

今日から湯たんぽ

2B96D920-016B-4161-92D6-9CC0F181F773.jpeg
今夜から湯たんぽ。

熟睡できそう。
エコであったか…
posted by JOYJOY at 20:27| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕焼け

14406ADF-2D7A-46E4-A7D2-A491BC95CC6D.jpeg
鴨ウヨウヨ
563BC343-936D-41A1-BA5E-4D3012B71742.jpeg8AA210BD-7AC5-4BAE-9834-9BC893C1947D.jpeg
群れをなしてどこかへ帰る
夢で見たことがある。
だれがリーダーかわからないのに、
綺麗に編隊を組んで目的地に向かう。

よく見ると、この群れにも、
編隊から遅れ気味で外れてしまった子がいる。

憧れのキリストのからだである教会の姿だった。

CE1F66F8-9E64-4F41-ABEC-60D0CA10D1BB.jpeg
まるでドラマの中の映像みたい。
今日は暑い。
また一週始まる。
posted by JOYJOY at 18:28| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

止められない

image-c45b1.jpg
毎回
かよちゃん、寒い間はお休みして、
また暖かくなってからやろう…
そう言って、
もう病院での礼拝を止めたいなと思う。

何がどうプラスになっているかもわからない
ただ
携帯を貸してあげるだけの時間を、
日曜ごとに延々と続けないといけない。

その度に、
主からストップがかかる。

それに、実際、
継続させてきたものを中止すると、
彼女の症状は一気に悪くなるだろう。

なんでこんな事始めちゃったのかな…
何の報いがあるのかな…

やり続けるしかない。
弱い人と共に歩く…って
こういう事だ。

私より賛美の歌をよく歌っていた。
もちろん調子はずれの低ーい声だけど。

多分今は彼女の方が、私より礼拝の祝福を受けている。
posted by JOYJOY at 17:25| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

署名して

AC71B9D1-BBDE-4200-A782-C66E8415FDAA.jpeg
とにかく自分の感情感覚を黙らせ、
とにかく行きさえすれば…
それが私の血の出るような礼拝だ。

行ったって、
どうせ…あの感情で帰る…と思うと足が重かった。

簡単じゃない。
時間調整のため、使いたくないお金を使う。
買いたくもないパンを買って
待合室で食べたり…


居たくない雑踏の中を、
はーー…と座り込みたくなる自分を打ちたたいて歩く。

わずか1時間の礼拝のために2時間くらい時間を捨てる。

長崎駅の高架広場では、
いつも高校生が非核化を求めて署名活動をしている。

いつも上手く時間調整ができずギリギリになるので、
ごめん!と思いながら足早に前をスルーしていたが、
今日は署名をした。

丁度他の方も、署名しようとしてかち合ったので、
その次に立っていた子の署名版に向かった。

そこに丁度何かのカメラが回っていた。

わ、ヤメて…と思いつつ、
時間も気になり、構わず終えた。

教会に入った瞬間
また
「来なきゃ良かった」と思った。

甲高い笑い声
喋り声
大きな歌声

全部キツイ。

とにかく最後まで居た。
変わった人がいて、
私の前に座っていて、
礼拝中
クルリとこちらを向き、
何度も色々質問する。
スタッフの名前を全員聞いた。
一瞬
個人情報もらすのは…と思ったが、
スタッフだし、
もういくつも画像映像が公になってるから
まあまあと答えた。

帰りにJRクーポンをもらった。

行きに券売機で諫早まで切符を買ったとき、
百円硬貨だけの釣り銭になるよう、
わざわざ500円硬貨と50円硬貨と十円を投入した。
釣り銭は百円3枚のはずが、
五十円と十円数枚と百円が一枚出た。

だから、帰りはクーポンもらえて、プラスマイナスイコールプラスになった。
今日が終わった。



posted by JOYJOY at 17:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリギリで選択

0CF16076-9D0B-42D9-83DE-775BEFFF66D6.jpeg
毎回
ギリギリで選択している。
私の主への信仰の選択。

あなたの感情に死にさえすれば、
何ということないでしょう。
自分の満足に死ねば何ということない事。
プライドに死ねば
何ということない簡単なこと。

行って戻るだけ。

何も期待しないなら何も起こらない…とか、意地悪いこと言うんじゃない。

世の中には、
喜べったって喜べない
期待しろったって期待なんて湧いてこない
挫折感と喪失感の中で、
せめて
ギリギリの選択で、無感情で主への信仰の行いをしている人間だっている。


モーセはそんな自分の内側を何度黙らせて、
信仰の杖をあげただろう。

死んだラザロも彼の家族も何も期待なんかできなかった。
友人に運ばれてきた中風の男性も、
棺の愛息子の死を泣いていた母親も、
ベデスダの池で諦め切った病人も、
何も期待なんかできなかった。

ただただイエス様が
あわれみをかけられて
彼らに人生を取り戻し、
いのちを喜びを与えられた。
posted by JOYJOY at 12:09| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする