2019年12月29日

フーーー💦

image-1f3a7.jpg
フーーー
とにかく
朝私の内側が語った言葉に従って、
最後まで教会に居た。

動かなかった。

楽ではなかった。

また来週も…

毎週こうか…と思うと、
辛いし歯痒いし、悲しいし…
ずっとこうなると思うと、
耐え難かった

これは違うんじゃないか…とか、
こんな意地悪な我慢大会みたいなことを主がさせるわけはない…とか、
頭の中を色々考えがよぎった。
もう来るのは止めよう…とか…

聞くこと聞くこと、みな私が除外された。

もう違うよね。ここ、私が来る場所じゃなかったよね…
そう思おうとしたが、

救いが差し出された。

二十年以上も前、多分25年くらいか?
5歳の子どもだった彼が、
あの日と同じように、
フワリと私の心に慰めの風を吹き込んでくれた。

約25年前の夏、私は不安だった。

教会に入ると、子どもたちが7〜8人?
ビデオを見ていた。
見終わると、

5歳だった彼が
「じょいさん、帰るおうちないの?◯◯(彼の名前)
のおうちに来たらいいじゃん」
と言ってくれた。

優しい。

どれだけ慰められ、受け入れられた!と感じたか知れない。

あの時から、
彼は、優しい牧者の心を持っている…
ずっとそう思えて仕方なかった。
彼が苦悶の中で顔を曇らせ歪めていても、
あの日の5歳の彼が本当の彼だと疑ったことはない。

今日、あの日と同じ風が吹いた。

彼としては、全く無意識な気負いのない会話だけど、
今の私の痛いところを
まるで上質のバンドエイドみたいに覆ってくれた。

ありがとう。

二十年経ったら、
はっきり証明されている。
posted by JOYJOY at 22:29| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何してる…

D98F86FF-6C84-4E65-939E-B5D7417F3BF4.jpeg
鴨の家族か?
今朝内側が語った。

「一体ここで何してる」

その瞬間、
私、何してるんだろう…
ここじゃない。私がいる場所は…ここじゃない
と思ったが、体は動かなかった。

私がいたのはテレビの前。
時間は午前9時前。
ぼんやり、見るとも見ないともなくNHKをつけ、画面を見ていた。

本当に私何してるんだろう…

何があっても1日教会に居ることができますように。

それはすこーーく難しい。

でも、そうしなければいけない。

今日からそれがてきるだろうか。

私の感情や私の思索は黙っていることができないだろう。

かよこから盛んに非通知電話。
留守電に入った声は文句だけ。

だからひたすら無視。
posted by JOYJOY at 12:48| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする