2020年01月05日

祈ってくれ

B6E3C2FD-B0FA-4084-BDF8-C20446888705.jpeg
帰りの列車でダラーーーと沈んでいたら、
誰かが隣に座った。

全く気にもとめず
ひたすら携帯を触っていた。
しかし、プンと香の匂いがし、また足が触れたので、
体を離してふと横を見た。

すると体格のいい男性、30代後半くらい、しかも外国人だった。

普通、隣に男性が座られるのは嫌だ。
しかも体が触れたら
立てるものなら立つ。

しかし窓側に座ってしまったし、
外国人観光客かもしれないので、
あまり嫌味な態度も取れず体をズラした。

すると、あまり繊細じゃないのか、
That's okと言った。

あなたOKでも私はOKじゃないよと思っていたら、

How are you?と話しかけてきた。

普通に応じると、英語が通じるとわかり、
喋り出した。

佐世保の米軍基地の船の修理に来た人だそうで、
こちらが聞きもしないのに、
携帯に収めた山ほどの写真を見せながら
自分のことを話し出した。
仕事、出身地、家族構成…趣味、持ってる車、ペット…

原爆資料館に行ってきた。

日本人は
アメリカ人に対して嫌悪感を持っているのかとか、
気にしていた。
北朝鮮が攻めてきたら米軍が守るから…とか…
真顔で言ったり、
出身がどこで、子供が何人で、
釣りが好きで、トヨタの車、24年同じのに乗ってる…とか、初対面なのに、良く喋るなあと思っていたら、

私がクリスチャンだと知り、
非常に深い傷と痛みを話し出した。

自分のために祈ってくれ。自分は祈って祈って、やっと癒されてきている。
神さまの導きが要ると話してくれたので、
電車の中で祈った。
彼の痛みに対する答えになるかも…
みことばを一つだけ紹介した。

不思議だった。

あまり日本について知らなかったようで、
日本はクリスチャン以外にどんな宗教があるのかと聞かれた。
日本のクリスチャン人口は0.1%以下だと言うと、神の言葉が広まらないといけない!とビックリしていた。

これが自分を支えてくれるみことばだと、
いくつも携帯に収めたみことばを出して見せてくれた。

中の一つが
Be still and know that I am God
だった。

彼は私が席を立つまでしゃべり続けていた。
主が癒されるだけでなく、新しい歩みになるように。


posted by JOYJOY at 20:27| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする