2020年01月12日

成人の日

今日はあちこちで成人式があったらしい。

私は、二十歳の時は苦しみしかなかった。

当時の自分には、高い壁に道が塞がれたようで、
前に進めず
絶望感に押しつぶされていた。
完全に迷子だった。

何とか切り開きたくてもがいた。
でも力なくただ手をこまねいた。
キリストを信じるまでガレキの山の中だった。

今思えば可愛いもんだった。
まさか、こんな展開が待っていたなんて…

それからステージは何幕も変わった。

あの頃の自分がはるか彼方の彼方で霞んでいる。
色んな人が助けようとしてくれたはず。

当時を知る友人と一人だけラインで繋がっているが、
多分、彼女が知っているのとは、全然違う私が今はいるはずだ。

二十歳…

今がどんな舞台でも、
まだまだ未筆の真っ白な原稿用紙が分厚く用意されている。

どれだけでも選択肢はある。

キリストを信じて、
何度でもチャレンジして欲しい。
成功だけの人生でなく、失敗して学んで欲しい。

神が導かれる道で、
貧しさも豊かさも、どん底の苦しみも、
恵みによって
高くあげられることも体験してほしい。
他人を痛めてしまうかもしれない。
自分も傷を負うかもしれない。
赦せない!と葛藤したり、自分の罪深さに泣いたり…
でも、そこを通って
十字架の愛と赦しの絶大さを流す人になる。

どこにも神ともにいます恵みがあることを
体験して欲しい。

人を大切にして欲しい。

キリストがそうされたように、
人を尊んで仕えて欲しい。
あくまで信じて赦して期待して欲しい。

忍耐して、捨てない。投げない。散らさない。
受け取る。保つ。集める…これは信仰が働かないとできない。

神のことばを信じる信仰は、
必ず人に対して神の愛を流す。
低い低いキリストの十字架の愛を流す。

そうして
美味しい豊かな実を永遠に結んで欲しい。

今私に二十歳の孫がいたら…

こんなことを言って
うるさがられるかもしれない。

二十歳の時は、
自分が60〜70歳になるなんて
ピンと来ないものだ。

30代に、
「60〜70になって、体がガタガタになってから
神に用いられたって、嬉しくなんかありません!」
なんて口走ったものです。

わかったことは、
こちらが嬉しいかどうかは関係ないということで、
要は
主が計画されたことが、一人一人の人生で全うされるっていうことが大事なこと。
その中で恵みを受け取ることこそが大事だったったこと。
posted by JOYJOY at 23:43| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日も休み🎊

明日も休みだと思うと全く気分が違う。
ゆとりがある。

今夜はゆっくり柚子湯に入ろう。

だいぶん寒くなってきた。




posted by JOYJOY at 19:10| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続き第4

「人を信じる基準」を持っている

 では「凝縮性」が高いと、部下と良好な関係性を築くのは難しいのでしょうか。もちろんそんなことはありません。


 「凝縮性」が高く、部下に慕われる優秀なリーダー像を、『宇宙兄弟』(小山宙哉作、講談社)の登場人物、NASA宇宙飛行士のブライアン・Jで見てみましょう。


以下に

「宇宙兄弟」という漫画の内容が掲載されています。

長いので割愛します。


死ぬ覚悟があるか

そうブライアンという宇宙飛行士は必ず尋ね、

その覚悟があると答える部下だけを信じるのだそう。


このタイプの上司は、部下を信じる基準が明確

なのだそう。それに合わなければ信じない。


しかしこの彼に、一人の日本人の優秀な宇宙飛行士は、「死ぬ覚悟なんてありません。考えるなら生きることです」

と答えたのだそう。


すると、ブライアンは、「ノーと答えられる奴は信じていい」と考えたのです。


この日本人宇宙飛行士こそ、日本人最初のムーンウォーカーになるだろうと噂されていましたが、本人は、英雄という称号には何の関心もありませんでした。


ブライアンは、その彼の心情を察して、彼を

月面に最初に立つ役目から外すのです。


その前に、彼が言った言葉が素晴らしいのです。


以下再びコピー貼り付けです。


「俺に任せろ。日本人初のムーンウォーカーにはヒビトを推薦しておく」


 俺に任せろ――。これが責任感の強い「凝縮性」の親心です。しかし、この言葉だけでは、相手は不安になります。日本人初という名誉から外されるわけですから、「自分の能力が疑われたかもしれない」と疑問を抱くかもしれません。


 そこでブライアンは、アズマではなくヒビト(主人公、南波六太=ムッタの弟、南波日々人)を推す理由を説明するのです。


 「『日本の歴史に名が残る』とか 『日本の評価を決める重大な役割』とかさ。そんな重圧 気になって宇宙で楽しめねえだろ。

そんなもんまでお前が背負う必要はないぞ」



 相手の個性を理解して、動機づけするのは上司の役目です。さらに「相手の心情を気遣い、相手に合わせた対応をすること」も、ブライアンは自分の使命と捉えているのではないでしょうか。


以上


あとのまとめは、

引用元を是非探してみてください。

日経ビジネス電子版より


ちょっと見は

冷たく厳しくキツく感じる凝縮性の強い人間も、

それであるがゆえに、

非常に優秀な上司、指導者として部下を導き、部下を生かし、伸ばす人となるのではないでしょうか。


もし彼がコミュニケーションを面倒がらずに取りさえしたらですが…


この性質と真反対の受容性の人間が多い

日本では、とかく、あれもこれも良いではないか…と、

一見寛容、

裏返すと責任を負いたくない、みんなと仲良く、八方丸く、自分も他人も痛むような関わり方はしたくない上司が結構いるのかもしれません。


私たちは、それに慣れてしまって

突然出会う厳しさに打ちのめされたりしますが、

少し待って、

怖がらずに真摯に相談してみると、

意外に、よく見ていてくれたりするのかもしれません。



posted by JOYJOY at 15:39| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらに続き第3

日経ビジネス電子版更に続きを貼り付けました。

「凝縮性」は日本の社会では希少な個性

 実は日本では、「凝縮性」の高い人は極めて少数です。

 日本企業の風土は、価値観や規範などを「決めつける」ことが少なく、なあなあな空気に流れがちです。その中で、「責任を取ります」とか「これが正義です」などとキッパリと言い切る人は、「波風を立てる人」と、マイナスの評価をされてしまいがち。

 「凝縮性」の高い人は、その絶対数の少なさから、周囲になかなか理解されにくい個性の持ち主なのです。

 このタイプの上司に出会うことが少ないので、部下も心中を推し量ることが難しく、言われたことをそのまま受け止めて、ダメージを受けてしまうわけです。

 今回は、「凝縮性」の高い上司が物事を考えるパターンを分析し、どういう流れから、他人に「高圧的」と受け取られるような行動に出てしまいがちなのか、その胸の内を代弁してみます。

 「凝縮性」の高い上司側の論理は、「責任の所在は自分にある」です。
 部下が仕事を成し遂げられなかったのは、部下を任命した自分の責任だと考え、その責任を取ろうとします。

 また、「部下は守るべき存在」と思っている上司も多いはずです。

 高圧的だと感じている部下には、まったく理解されていないかもしれませんが、「本人に失敗を経験させたくない」「マイナスの評価を避けてあげたい」という親心もあるのです。

 これらをひっくるめて、「最終的に自分が責任を取る」と覚悟を決めているのが、「凝縮性」の高い上司です。したがって、結果を出せなかった部下から「仕事を引き取り」、「別の部下に任せる」のは当然の対応なのです。それがその人の責任の取り方であり、周囲への配慮だからです。

 このとき、「部下から事情を聴いて、状況に応じてサポートする」といった調整的な対応はしません。納期遅れや失敗などの結果が出た時点で、すぐに判断を下します。「結果が出なければやめる」と決めているのです。決断の冷厳さも「凝縮性」の特徴の1つです。

 しかし、この上司の親心、言い換えれば「凝縮性なりの優しさ」は、部下にはなかなか理解されません。両者にとってつらいところです。

 さらに、日本の場合、「受容性」の高い人が多いことも問題を大きくします。「受容性」の特徴は、「受け容れる」ことです。仕事で困っている人がいれば手を差し伸べ、何とか助けになりたいと思う。

 そういう特性を持つ部下からすれば、仕事を取り上げられることは「非情」以外の何物でもありません。そのような対応をする上司は、「排他的で非情な人」とか、「怖い人」「厳し過ぎる人」に思えます。ゆえにパワハラの誤解を生じさせてしまうのです。

 「凝縮性」の高い、パワハラ疑惑の当事者に話を聞くと、彼らは決まってこう言います。  

 「自分は当たり前のことをしただけです。疑惑を持たれること自体が解せません」

 そこで私は質問します。

 「気持ちは分かりますが、なぜあなたがそういう対応をするのか、部下に理由をちゃんと伝えましたか?」

 すると、「皆プロなんだから、仕事を受けた以上結果を出すのは当たり前。出せなかったら迷惑がかからないように、他に任すのも当たり前。説明する必要なし」と答えます。「凝縮性」のこだわりの強さが悪いほうに表出すると、こうなるわけです。


…更に続く


さてさて…

自分を見て振り返ると、自分は、受容にあこがる凝縮性の強かった人間で、それに疲れてどうでも良くなった

いい加減なタイプです。


実際、「プロなんだから…」は、口にしたことがあります。


上司から、「こんな事まで一々教えてあげないといけないのかなあ」と言うボヤキを聞いて、

「職場なんだからさあ、そんな事一々やらなくていいんじゃない」

なんて言ったことがあります。


それでも上司は、ひとしきり嘆いた末ではあっても、自分を変えた😳のです。

ズーーッとハードルを下げ、

言葉を変えました!


離職者を出さず、厳しい勤務体制を何とか守るために賢い選択をしたのでしょう。


本当のプロって、そして真に凝縮性の強い、責任感のある管理者は、必要とあれば受容できるんだと

最近一目置いています。


一時不穏な風が吹き始めたのですが、

誰一人辞めず、次年度を迎える様子です。


機会があれば、あと一回コピー貼り付けします。




posted by JOYJOY at 14:31| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更に続きを抜粋

先日日経ビジネス電子版からコピーした物を貼り付けましたので

続きです…


言葉を並べて立てて…と言われますが、

たとえ自分は弱っても、

伝えるべきは伝えます。

上の方の苦しみも、若い職員の苦しみも私はわかるので。


以下…

前回の続き


 「高圧的な態度で仕事を取り上げられた」と感じた部下の訴えによって、上司に「パワハラ疑惑」がかけられる。その結果、賞罰の対象になった上司が「私がやったことって、本当にパワハラだったのでしょうか?」と、相談に来られるわけです。

 こういう相談をしてくる人の個性をFFS理論で分析すると、共通して「凝縮性」が高いことが分かりました(FFS理論について詳しくはこちら。開発者は小林惠智博士)。

 「凝縮性」は、人の個性を構成する5つの因子のうちの1つで、「何々すべきだ」や「こうあるべきだ」といった価値観の強さを表します。

 一般的に「凝縮性」の高い人は、明確な価値基準があり、主義・主張がはっきりしています。責任感や正義感の強さも「凝縮性」の特徴です。…


続く。

さらに続きはまたいつか…

関心がある方は、ご自分で、引用元をお探しください。


記事によれば、

タイプを二つに分類して、「凝縮性」」と「受容性」としていて、

日本人には凝縮性タイプが少なく、理解され難く誤解されやすいとのことでした。


でも、これがないと管理者としての立場は難しいと思います。

受容性だけでは遅々として前に進めませんし、やがて人間の組織の受容力には限界がきます。


今時の若者が、リーダーになりたがらない傾向があると、いつかテレビでも話していました。


リーダーたちを見て、ああはなりたくない…とか、

あんな過酷な人生は自分には無理だとか…

思っているそうです。


私たち世代は、何かを任されないことが、自分の低評価だと思っていて、耐えられなくなったものです。

評価されたくて、チャレンジし頑張っていました。新しいことができるようになると自然に嬉しいもので、チャレンジをストレスとは感じませんでした。しかし、いつしか頑張る頑張る…倒れるまで…

そして、ごく自然に、若者たちに、その歩みこそ美徳なのだと、自分たちは血みどろになりながら教えたのです。


それを若者たちは見ていたのです。


イマドキの若者は、私たちから学んだか、環境が変わったのか、違う考えを持っているようです。


頑張る必要がない時代になりました。いかにより楽に楽しく生活するか…に関心が集まります。そのための便利なものがドンドン出てきます。


だれかに評価される必要がなくなりました。あらゆる生き方があり、自分が良しとするものが良い時代になりました。


我が職場でも、確かに若い方たちは、仕事を任せられるのを恐れますし、できれば避けたがっているのがわかります。


その方たちには徹底して受容を提供しないと、

耐久力がないので、重さに耐えられず、辞めてしまったり、精神や体を病んでしまいます。


私に関しては、若い頃は信頼されること、任せられることは好きでした。

自分が何者かになったようで、やる気バリバリになりました。いくらでも頑張れました。


しかし、今座っていることさえ耐え難い体の衰えを感じ始めたら、何と人間は弱いのでしょう。簡単に変わります。これが弱さ。

もはや生きる気力すら湧きません。


若い方たちが、生涯生きる道だと彼らなりに希望を持って歩み出したにもかかわらず、

同じ給料なら少しでも休みが欲しい。

矢面に立たされる位置には立ちたくない。

必死に考え準備するプレッシャーとストレスが延々と続くのはキツイ…


そう思ってしまう気持ち、わからないでもありません。私だってイマドキ若者ならそうなるはずです。


でも、ストレスがゼロになること、イコール死です。生きる、前に進むは、成長する…は、ストレスなしにはありえません。


プレッシャーやストレスは、時には恵みで、私たちを生かし動かします。


父は、母に先立たれ、いかにも後追いしそうなくらい力をなくしました。

しかし、丁度その時、私が大腸ガンになり、悲しんでなどいられなくなりました。

次は骨折で

父の心配は次々続きました。

父は、母が先に天に帰った後、私のために三年生きてくれました。

この人には寿命なんてあるのか?と思うくらい元気でした。


自分にとって価値ある事におけるプレッシャーやストレスは、受け取って食べて成長の糧となります。


ただ、自分にとって何が真に価値あることか…は、

私たちを造ってくださった方、

主にあってのみわかること。


posted by JOYJOY at 11:40| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一礼拝

4BB31A35-7B7D-4924-B1FE-FB5FD0B2F58F.jpeg
久しぶりに第一礼拝に行った。
変わらないなあ…

説教中
「弱くなった」と言う言葉が何度も…
正反対にガンガン強い言葉。

これで、
本当に私は罪人です…と
神の前に低くなれる人は、
聞く前からすでに神の祝福の中だろう。

残念だけど、
私は叩かれると裁く。
すると余計に悔い改めなければならなくなる。

弱くなると物も言えなくなる…は、
クエスチョンマーク。
言ってますよね。

人は、弱っても、痛いとか苦しいとか早く死にたいとか言う。

母は、意識があるかないかわからない弱さの中で、
ずっと痛い…と言い続けていた。

最後の言葉は「痛いキツイ」だった。

私には黙らすことなどできなかったし、
あまりのことに、
口を手で塞ぎ、感謝するの!と叱ったことを
後悔している。

なんと、あわれみがなかったか…
主よ。悔い改めます。

相手が物も言えなくなり、精神を病むまで
弱らせる必要は主にはないと私は思う。

私を黙らせたいのかもしれないけど、
私には、弱さを誰に邪魔されず出せるのは
このブログしかない。

あなたには一緒に感謝してくれ、励まし諫めてくれる家族がいる。教会がある。

私にはこれしかない。
ここで自問自答しながら、
主に心が向くのを待つことしかできない。


posted by JOYJOY at 10:21| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする