2020年01月24日

老けた

何枚写真撮ってみても老けた。

帯状疱疹がその現れだ。

なのに一週間も仕事止められたら、
さらに仕事行く意欲は落ちるし
行くガッツなんかなくなる。
保育園で一週間も休む人間などいない。

それをどうぞどうぞと言われるということは、
業務に影響がない人間だということだ。

それを思うと、余計に
あーもーいいか…と
ズルっと手を離しそうになったり、
イヤイヤ、仕事しなければ生きられない!と危機感に襲われたり、
ロクな事はない。

正直、経済が安定していたら、絶対に保育園なんか行かないだろうから、
本来の自分の使命ではないのだろう。

それにしても、教会だけじゃなく、職場まで私が居なくても
何の支障もない流れができていくのを感じてしまい、
自分が生きる世界がなくなっていく。

実際、生きるのは大変だ。

ドクターストップにもかかわらず、
今日
園に寄ったのは、
そんな流れを切りたいから。

明日は父兄参観で、
園にとっては、ある意味一番怖いというか、
大事というか…緊張しているというか…。

父兄の評価がもろに出るものだから大事なものだ。

にもかかわらず、それに出ないだけじゃなく、
それがある大事な週に、
ドクターストップで仕事にいけない。
どうぞゆっくりお休みくださいと言われるのは、
非常に悲しいものだ。

完全にはじかれたな…

私は、行事は全て蚊帳の外になる。

そういう立場で雇われている。

教会を優先させる身としてはありがたかったが、
結局は、あてにされていないということだ。

振り返ると、
教会でも似たような立場だった。
居てもいなくても働きに影響なかった。

人生振り返ると、
何故かいつも
似たような立場になる。

もう嫌だな…

と言っても、
もうすぐ70歳だ。

体力気力とも
第一線になんか立てない年齢だ。

70歳が立っているようなら、
そのグループに将来はない。

次世代がそこには立っていないといけないのだ。

歳取るって寂しくて嫌だ。

頑張って生きた報いがこれだったら、
最初から存在したくない。



posted by JOYJOY at 22:09| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッと良くなった

32C4C861-7A1B-4A8C-8C15-8B59014EB7B2.jpeg
広がらなかった。

まだ目の下は腫れているが、
どうやら最も軽く済んだらしい。
主が癒してくださったにちがいない。

整骨院に行ったついでに保育園に寄った。

どうやってる?と聞くと、
昨日はお迎えが6人集中して一人だったので
助けていただいた…という答えに、
わあー申し訳ない…
月曜日は、もう一度ドクターに
仕事復帰について押してみようと決めた。
posted by JOYJOY at 19:00| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カロナール勘違い

5FA44DD6-29C8-4C09-A495-E47ED024F3FE.jpeg
昨夜急に痛みが引いて、
今朝は頭痛も軽く、まぶたもパチリと開いた。

病院では先生はそれでも淡々と、
「はい!またお薬出します」と変わらない対応だった。

同じお薬が出たので、
薬剤師さんに、「私、カロナールはなくても、そんなに痛み辛くないので…」
と言った。

すると、
笑割れてしまった。
「カロナールは鎮痛剤だとばかり思われてますが、
炎症を鎮めるために出ているんですよ。
あと三日だけなので、飲んでください」と聞いて、
あ、だから未だに腫れがひかなかったのか…と
反省反省…


posted by JOYJOY at 15:01| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする