2020年01月28日

616C961A-EE3D-41B7-8C3C-07EBE7E9BF14.jpeg
父が愛用した、
退職時に記念品として贈られた
海上自衛隊のカップ。

昨夜、追悼コンサートの動画を見たからか父の夢を見た。

教会のコンサートに父が来ていると知って
父の所まで行くと、
髭ボウボウで痩せた父が、
後ろの方に用意されたご病人やお体のご不自由な方々のコーナーで横になっていた。

弱っていてキツそうだった。

私に会いに来たらしく荷物を持っていた。

どうする?私のアパートまで行く?と聞くと、
えり子のアパートで寝ると言うので、
タクシーを呼び、荷物を乗せて出発した。

ところが、あちこち行き止まりの多い長崎で、
あまり運転したことがない私は、
行先を告げることも、どこをどう走れば良いかもわからなかった。
大橋か…地名を行ったが
グルグル…

何か途中で食べさせてからと思うが、適当な飲食店が思いつかない。

父の知り合いの方に合わせたら喜ぶだろうと思って、その方が働いているはずの飲食店に寄ってもらうと、あと30分しないと来ないという。

父を何とか、せめて最後に心を喜ばせたい…
それが上手く行かない夢だった。
posted by JOYJOY at 10:16| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする