2020年02月14日

トイレ係りの半日

3BEEEAF0-5298-47F4-9B7F-2841F1AC4042.jpeg
今日の業務はトイレ係りだった。

午睡後7人のオムツ替えとお着替え、
オヤツ後に8人のオムツ替えとお着替え、そのうち二人はウンチだった。

子どもたちは、介助してあげると、自分でオムツやズボンが着脱できるようになっていて、
達成感を楽しむ子もいる。
着替えを始めると、
我も我もとやって来て、
ロッカーから自分のカバンを取り出して来る。

ちょっと待ってくれー!!と白旗をあげたくなる。

やっとその軍団を追い払ったら、

何と、
ウンチをした子が、
自分でオムツを脱いでしまい、
わあー😨 
と慌てた。

色々できるようになると、
余計に仕事を増やしてくれる。

脱いでぺったりとオムツ交換用の畳に座ってくれたので、
ヒェーと慌てて消毒液を取りに行くと、
何と、彼女、自分のベビー肌着の上に座ってオムツを脱げたのを得意がっていた。😊

今の時期だからか、ずっと消毒液が届かなかったが、
やっと届いてホッとした。
今日は、ウンチ処理した浴槽にタップリ噴霧して
拭き上げた。


posted by JOYJOY at 23:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来た来た年長さんから

6546F008-1FDF-47B1-A2BD-431421447BE2.jpeg
今日は、年長クラスの月一の調理実習でした。
子どもたちを午睡から起こそうとしていた二時半。

「◯◯◯さん(年長クラスの名前)来たよ」
と言いながらクラス主任が楽しそうに部屋に戻ると、
すぐ後からゾロゾロ…
三角巾にエプロン姿の年長さんたちが、
一人一人うちのクラスの職員にお皿を手渡してくれた。

「一生懸命作りました。味わって食べてください」
私に手渡してくれた男の子は、そう言いながら
恥ずかしそうだった。

「これは何て言う名前のケーキ?どうやって作ったと?」

こちらも教育的対応をしないといけません。

すると、
「マドレーヌ」

「小麦粉混ぜて…でも、卵は割れんかった。
前の時は卵割れたけど…」
とほんのちょっとだけ残念そうなコメントをしてくれた。
そして、起き始めた赤ちゃんたちを見て
あ、起きた!可愛い😍と目を輝かせながら部屋を出て行った。

イヤー可愛い💕

先程味わって食べました。
フンワリ良くできていました。

お菓子やさんに注文していたシフォンケーキより、
ずっと楽しく食べました。
image-1937e.jpg
こっちはお菓子やさんの
バレンタインデーケーキ
posted by JOYJOY at 22:32| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色紙ください🙏

23827FCE-DC06-4647-92EC-10BA2CDC4E70.jpeg
年度末にご家庭に渡す
成長の記録アルバムを制作しているので、
担当しているクラスの職員は、
日々夢中だ。

いかに可愛いい、ご家庭が喜んでくれるアルバムを作るか腕の見せどころでもある。
しかし、悲しいかな、
使える画材はほぼない。

たいていクラス担任たちの持ち寄りになる。

昨日もああしよう…こうしようと相談しながら
作りかけのアルバムを前に、
「木村先生持ってるよ…」と聞こえた。

ん?とそちらを見ると、
「先生、こんな色紙持ってませんか?」
と来た。

ウンウンあるから。

二つ返事だ。

本当は、私が自分の物を無償で提供して
喜べるのは教会なんだけど…
間違いなくたましいのため、永遠の宝となって
蓄えられるのに…

悲しいかな…
神さまの子どもの、「与えたい」資質は消えない。
与える相手が違う。
だけ。
posted by JOYJOY at 11:30| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンタインデー

9D7B11D6-32D1-4D8E-BFB7-0603C52511D5.jpeg
女の職場ならではの様々な気配りがある。
しかし、気配りのゆえに返って人を苦しめることもある。

エーー
とビックリというか、
何?それ?と思ったのが
バレンタインデー。

大真面目に、
冠婚葬祭に関する内部規約に
規定が改正されていた。

廃止します…と。
廃止って…つまり組織として決め事としてやっていたということ⁉️

そういえば、昨年、
たった一人の男性保育士さん、副園長、バスの運転や園建物の管理をしてくださ男性、それと理事長からとホワイトデーにお菓子をいただいた……😶

その時はビックリしたが、

あれは、規定があったんだ…と
またビックリ…
業務と何も関係ないんでは???

廃止廃止!そりゃー当たり前だわと思っていた。

ところが昨日、
冠婚葬祭係りの若い職員が、
うちのクラス主任のところに
不安げな顔で相談に来た。

どうしよー…と。

どうしよーって、廃止じゃなかった?と側から見ていたが、
どうも、心情的に簡単に切ることができないらしい。
他の職員にも意見を聞くらしい。

これ、女性の組織の特徴で、
私は、個人的にイラッとします。
決めた事を、またほじくる。

決めたことは神の前で決めたんだから!
なんで女は、こうなるのか?

ホワイトデー大変だよ…

だし、ただでさえ人手が足りない現場の業務に加えて、
係りとなっている彼女、
こんな事で時間を使うなんて…

いやーメンドクサイ

相手が欲しいわけでもないし、
やる理由もないのに、
心情としてやり続けてきた慣習を変えられないのだ。

田舎の婦人会のゴタゴタをテレビドラマで見るような…ごちゃごちゃ意見を言いたくなるらしい。

聖書は、
ある日だけでなく、
みな、心を一つにし、同情しあい、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。…祝福を与えなさい。
とある。

自分が、自分のうちにそれを再点検することこそ、
真の愛を流す本物の愛の日となる。

今日は、数週間前に注文取りに来たお菓子やさんが
バレンタインデー仕様のケーキを配達に来る。
みな注文していた。

木村先生は?と誘われて、
つい注文してしまった。😣
シフォンケーキが美味しいお菓子やさんなので
自分用!!

以前なら、教会用だったんだけどなあ。
posted by JOYJOY at 11:15| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする