2020年02月15日

グータラ一日

98A40D04-EB2A-4DDD-B85E-A111AFE7136C.jpeg
グータラな一日だった。

うちから一歩も出なかった。
だから突然イレギュラーにガスやさんに集金に来られて、現金がなくて
ごめんなさいだった。

雨が降っていたし、朝からATMまで行く気にならなかった。

何もすることもなく、ゴロゴロ
とても虚しい一日だった。

こんな時を刻みたくない。

でも人間は弱い。
一人では生きられない。

皮肉なことに、
その私が、今から生きようとする赤ちゃんたちの世話をしている。

4月には泣くか眠るかしかできなかったあの赤ちゃんたちが、
一年も経たないうちに、
すっかり人間の基本的な機能をほぼ全て使うようになって、
次のクラスに進級する。

1日の流れを良く学習している。

私たちの動きを見ていて、
自分からやって来て、
早く顔を拭け!とばかりに
エプロンタオルを指差す。

次は、ロッカーの中の重い自分のカバンを引っ張り出し、上着を着せろと、奥に置かれて自力で取り出せないカーデや、ジャンバーやダウンジャケットなどの上着を指差す。
自分で靴下を脱げる。履ける子もいる。
自分の物がわかる。

中にはサッサと自分で身支度をやろうとして、
妙な服の着方をしたりして笑わせてくれる。
哺乳ビンでミルクを飲んでいたのに、
カップに入った牛乳を片手でもって一気飲み。
ハアー😄と置いて、
早くオヤツをくれ!とギャーギャー騒ぎ立てる。
僕を忘れてるじゃないか!とワーワー訴える。

歯磨きも一応格好はできている。

私たちが呼ぶのを真似して、
お友達の名前も呼ぶ。


凄いなあ。
さすが
造り主の最高傑作だ。
勝手にドンドン人間らしくなる。

本当にいのちに生きて、輝いて欲しい。
posted by JOYJOY at 17:14| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉とともに芽生えたのは

ゼロ歳児クラスなので、
今やっと全員が一歳になり、
発語し始めた。

中には4月に2歳になる子もいて、
立派にお話しできたりする。
物事が良くわかっていたりしてビックリする。
時々
上手く自分が伝えたいことが言葉にならず、こちらに伝わらない。すると
おヒスを起こしている。

チェンチェーイなんて便利な言葉が言えるようになって連発する女の子もいる。

彼女なりの正義感で、
ダメな事をしている子を見つけ、
チェンチェーイ!と呼んでその子を指さす。

恐ろしや😱

言葉が出てくるとともに
こんなに小さいのに、
もう人間の罪の芽が大人なみに花開いている。

あ、あ、あぐらいしか言えないのに、
意外に良く理解している子もいる。

その子は、
お迎えがいつも六時くらいになる。

ホールで全園児合同でお迎えをを待つ間、
どの子も膝に座りたくて群がり、だれかに膝を占領されると不機嫌になる。

こちらは
一番小さな子を抱くのが精一杯だ。

その子は、年中児、年長児たちのゲーム遊びを見ながら
黙って一人で座り、
わかるの?と聞きたいくらい、ゲームを見ては一緒になって笑い転げていた。

そうこうするうちに、次々にお迎えが来て、
クラスの子たちがいなくなる。

ついにその子が一人になると、
スッと膝に座った。

彼なりにわきまえて、膝を譲って我慢していたのだ。

お母さんにお渡しして、最後「さようなら」の挨拶をさせる。
あ、あ、ぐらいしか言えないその子は、
言葉はでないけど、
頭が床につくんじゃないかと思うくらい下げ、
ニッコリ笑って
タッチして帰る。
実に可愛らしい〜😍

posted by JOYJOY at 00:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする