2020年02月18日

わかるよ2

image-59a06.jpg
お子さんが、うちのクラスにいる職員から、
バレンタインデーのお菓子だ、と言っていただいたクッキーたち。

多分手作りだ。

みな一生懸命なんだ。

たまにお子さんの事を、「今日はね…」と教えてあげると、顔がだんだん緩み、満面の笑みに変わる。

顔を見て、お子さんがにっこり笑うと、手放しで、「癒されるー」と、幼い我が子に心癒されて力受け、
また自分の仕事に戻ったりされる。

彼女もまた一つのクラスを任され、それがゆえの戦いを必死で戦って来た。

若い20代の職員たちからすると、
キャリアの先輩たちは、
厳しいと思えたり、
また園自体
ブラックじゃないの?と批判されたり疑われたりするのだが、

少なくとも、10年20年と働き続けて各クラスを任される立場を持つくらいになった人たちの思いは、
良くわかる。

決して満足できるような環境ではなくても、
お預かりしたお子さんたちに関しては、ご家庭に対して責任をもって保育しなければならない。

プロなのだ。
言い訳はできない。

ただその一点に必死だ。

かつての自分とダブルような気になる時もある。

だから、私は彼女たちを責める気には全くならない。

もちろん、今時の若い子たちの思いもごもっともだ。働き方や仕事に対する姿勢などそれぞれだ。
まして、働き方改革なんて言っているのだから。
家庭も大事だし、自分を保つには休みはしっかり休まないと…
仕事とプライベートな時間の線をハッキリ引きたい。
持ち帰りなんてNG!

たしかにこれは正しい。

でも、人相手の仕事は、何であれ、時間が来たら終わり!と線など引けない。

上は上で、若い世代が、自分の事だけを第一に考えてしまうことを嘆く。プロとしての意識の薄さを嘆く。

それなら、そういう事が可能な仕事を選べば良かったのに…と。

彼女たちは保育に人生をかけたのだ。

私たちが主の働きのために自分を捧げ、
すべての時間を捧げて献身したように、
彼女たちは、この働きに献身している。

いつだったか、
若い人にそれを言ったら、「そんなこと…」と一瞥していた。

昨日は、せっかくお休みだったのに、雪で何にもできなかったでしょとクラス主任に言うと、

「うん?私うちで仕事してたよ。
休みはたいてい仕事してるよ」と返ってきました。
いとも自然に。

これは若い世代だとナンセンス、ありえないこと。
しかし、そうしないと回っていかない今の状況下に慣れてしまった彼女たちにしたら、当然の事。
多分いくら時間内に仕事が収まっても、
彼女達は、休みの日にも仕事をするでしょう。
無意識に、仕事とも思わず…

多分、待遇改善!など訴える時間のゆとりがあるのなら、そんな事にではなく、すこしでも子どもたちのために何かをするのです。

いつも仕事のことを考えているのです。

その一生懸命さと、
今時の職員たちの思いとの間には、あまりの温度差があります。

まして、
今の時代だから、若い子たちが辞めないで働き続けてくれるよう、
接し方や指導の仕方を考えて…なんて言われたりすると、
そりゃーもう…私たち、辞めちゃおかな…
いやんなっちゃうよ…とガックリするよね。
もう…いいかな…
なんて嘆くのを聞いたことがありました。
でも、また熱心にあれやこれや考えたり改善したり…

彼女たちの、熱意と失望の波、
手に取るようにわかるから、
私は、彼女達を悪く言えません。

あなたたちは、本当に良くやったよね。
その報いは、必ずあるよ。
いえ、もう報いは始まっているのでは?
人生をかけ、
頑張れたことは恵みだったと思いませんか。

でも、みながみな、同じように頑張れるわけじゃないんだよ。


posted by JOYJOY at 22:21| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わかるよ

B2BC13E3-7966-4E5A-8FA8-E4BC9C69C3B6.jpeg
予報通り雪が昨日午後から降り、
予報通り今朝は止んだ。
ゼロ歳児クラスの子たちは
はじめて雪を見て、
目を丸くして、窓の方を指差し、
アー!アー!オー!オー!と興奮した。

もっとも、あまり反応がない子もいる。

あの子たちには、すべてが新しくて、
好奇心一杯だ。
中には恐怖になる子もいる。

同じものを見ても、反応は様々。

願わくば、はじめて触れる物、すべてが、
あの子たちにとって楽しい、面白い、ワクワクするものであり続けますように。

昨日はクラスの主任が公休で、
大変な時だけ、管理職の方が助けてくださり、
あとは、新卒さんと、看護師と、私たちパートで回した。

しかも昨日から実習生が入った。
それぞれがはじめての訓練だったと思う。

常々、パートだから、無資格だからって業務をいい加減にするなと言われているし、
かつ、秩序は必要だし、やはり有資格者に求められる責任もあるので、私も、自分のなすべき事を考え考え仕事した。

きちんと回ったと思う。

私が出勤した時、まだ管理職の方がクラスにおられたが、すぐに事務所に戻られた。
その時耳打ちされた。

実習生が入ってますけど、彼女には掃除関係はさせないで。子どもにだけ関わらせて。
ただ、任せないで、ちゃんと見てね。

当然。

なので、実習生に学んでもらえて、なおクラスが混乱しないように……

で、通常シフトを変えた。
私が持っていたシフトを新卒さんに渡して、
看護師さんと実習生の方にオムツ替え。

すると新卒さんが
私に気を使い始めた。

何故なら、私がずっと環境設定ばかりやっているから。

でも、そうでないと回らない。

いやいや、今日を乗り越えないといけないから…そう言って納得させた。
posted by JOYJOY at 10:30| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする