2018年08月11日

久しぶりのこの景色

C81AA80B-5B1B-4A76-9076-60AF06BA1AB4.jpeg
つい10日前まで私のルーティンの一部だった景色が
今はお久しぶりになりました。

毎日毎日〜🎶
そんな歌がありますが、

永遠に続くかに思えるルーティンは、
ある日突然変わります。

そもそもルーティンになってはいけないのです。

毎日、神の計画の中。

次の瞬間に神さまがなさることは、
私たちにはわかりません。

65にもなって、
保育士をまたやる…なんていう発想を誰ができたでしょうか。

まるで聖書の中のサラ!
若いピチピチの保育士さんたちに混じって、
幼児たちのお世話をしている自分は意外でした。

さすがにあの黄色いはりのある声で一日中話し続けることは不可!

0歳のクラスで良かった😙

国家公務員の定年を65にまで引き上げようなんて言っている年齢です。

今まで何度トライしても開かず、
もう二度と保育なんてことには関係しないよねと思っていたお仕事です。

今の私のルーティンは、
毎日12時台のギンギン日盛りにバスを待ち、
夕方
やっと勢いを落としかけた夕日を見ながら解放感に浸りながら
家路を急ぐ。

与えられた午前中を目一杯使い、
病院行ったり、
父外泊の準備したり、
市役所行ったり…かよちゃんのことや叔母のこと。もちろん教会のこと。

牧師会やら礼拝やら、
キャンプのライン祈祷やら…

一日だけ変わるシフトに従って
午後からお祈りして、
父が帰るまでの時間に掃除して、
帰った父を置いて買い物に行く。

毎日世の中みんながやっていること。
全然特別じゃないこと。

考えるすきもなく、時間に追っかけられること。
いっときでも早く寝たい!
そう肉体が叫ぶ生活。

みんな、愛する家族を守るために
これを越えられます。
私も父が帰って来ている日は、
何故か不思議に疲れが飛んで
帰宅後も体が動きます。

でも、
2泊3日が限度でしょう。 

母は、これを30年以上続けました。

改めて母に感謝の思いと
理解してなくて悪かったなという思い。

母はキリストを知らないでこれを一人で頑張りました。
でも私は、
こんなグダグダにくたびれ切った私をも変わらず愛し、変わらず完全なご計画の中を導いておられる
イエス キリストを信じているのです。
posted by JOYJOY at 07:53| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。