2018年08月31日

主に真剣に求めたら

546F7D96-CC0E-4ACD-B85C-7A3C7A4B58AE.jpeg
毎日毎日仕事に行くのが嫌でたまりません。
主に正直に真剣に、少しの時間お話しました。
どうか、私の存在が主の祝福となるように、
また、先生たちを通して祝福を受けられるように…
こんな祈りをしました。
止めるわけには行きませんので。
正直、私に対して、同じクラスの先生の当たりはきつく、
こんなこと、当然でしょ!
そんなオーラがありありなのです。
多分、喜ばれていないなとはっきりわかります。
さて、結果は、
まず、門の前で、先日、園長先生から紹介された「最高齢の」職員の方と出会えました。
お仕事終えて帰られるところ。
次。
クラスに行くと、私に一番辛く当たる先生がお休みで、ホッとしました。
次、一番優しい口を聞いてくださる先生に、思い切って尋ねました。
実は9月に大腸内視鏡検査があり、
半年に一回のCT検査が同じ週の別々の日に予約されていて、
休みをいただかなければならず、
苦になっていました。
「9月に入ったら、私、同じ週に二日休みをらいただかないといけません。
だれに言えばいいですか?」
園長に、早い段階で言った方が…
それから私たちに…
そんな会話をした直後、
もう一人のきつい当たりの先生が、
部屋に入ってこられました。
私を見ると、
「先生、今園長をつかまえないと、
先生がいる時間は、絶対に捕まらないよ。」
と言ってくださったのです。
ベイビー達が目覚め始めた頃で、
私が躊躇していると、
「いま行かないと!園長がいる時は皆捕まえようと必死ですよ」と、
押してくださいました。
事務室に行きましたが、園長の姿はなく、そこに主任さんがおられたので、
彼女にお願いして仕事に戻っていると、
何と、園長先生が、後を追いかけて部屋まで来てくださり、
色々事情を聞いてくださいました。
大丈夫。みんなでカバーしますから、
もうわかってますから、
何かあったら言ってください。
お父さんはどうですか?
と聞いていただけました。
何と私の心は癒されたことでしょうか。
心配も取り除かれ、
心が軽くなりました。
また今日も、主に祈って行こう。
posted by JOYJOY at 08:35| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。