2019年01月11日

また気力が出たらね。

7B51F1A6-24A6-4A75-959E-B3269659EA20.jpeg
アレコレアレコレ空いた時間を駆使して済ませなければならないことが次々。

特に父関係は、終わりなく続きます。
入院した結果、
せっかく往診で留置尿道カテーテル交換のお願いをしていたのに、
キャンセルとなり、
泌尿器科クリニックにご迷惑をおかけしました。

退院時の診療情報提供書を持って改めてお願いに行かないと…
しかも、先生がご病気みたいで、
突然休診になります。

そんなこんな中、
水曜に帰宅して来た父の尿道カテーテルを、真っ赤な血液が流れていて、
一瞬パニックになりそうでした。

しかも、本人は具合が悪いと言うし、
雨もようだし、
明日は診療してくださるかもわからないし、
神さま!ヘルプ!と叫んだら、
翌朝綺麗なオシッコになっていて、
それでも、泌尿器科受診しないと!と、父を叩き起こして、
朝一電話しました。

先生が出てくださり、
お詫びと、更に今の状況説明と、
次の往診日時の約束が一度にすみました。

診療情報提供書、あわてないでいいですよと言っていただき、
ありがとうございます。🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
一個仕事がなくなった🙏

とにかく、まもなく97歳といえば、
ふつうに食べ飲み呼吸し排泄できるだけで奇跡的。

ガラス細工の器を扱うかのような気が抜けない状態です。
食べないのは当たり前ですが、
点滴していただき、
デイへ。
デイの責任者からも、
食べない飲まない…困ってますと電話口でいわれ、ひたすら謝りました。

今朝、デイに送ったついでに、
ずっと気になっていた市役所の用事を済ませに行きました。

先日保険証を再発行した際のおまけで、
医療費限度額認定証を作ってくださいましたが、

私は、後期高齢者は適用外だと思って考えたこともなかったことでした。

医療費以外入院時食事代が減額され、返ってきますと言われ、
年始休暇中必死で領収書を集めたのです。

やっと今日持っていけたのですが、

まだあるはず。
もし見つからなかったら、
領収証明でもいいですよ。料金出さないといけなくても、
申請を出された方がいいですよと、
親切に教えていただきました。

でも、
ごめんなさい🙇‍♂️🙇‍♀️

介護中の家族にとって、
また一つ仕事が増える重荷は、
何万円返金いただくより、辛いんです。

しばらくしてからまた気力が出たら
申請しましょう。


posted by JOYJOY at 11:32| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。