2019年08月31日

管理職同情してしまう

DBD7ADE8-6276-4C8C-8EFD-29616829DD6F.jpeg
昨日主任さんと二人になった瞬間がありました。

二人になることはあっても、
主任さんが私にある話題を発し話し込むことはこれまでなかったことです。

突然切り出された話題に、
少し戸惑いました。

何で私にこんな事説明するのかな…と思いながら相槌を打っていましたが、
管理職という立場にいる人の大変さが痛いほどわかって、
可愛そうになってしまいました。

冗談で、
替わりませんか?と笑われましたが、
できれば
だれか替わって!と叫びたいだろうなあと感じました。

「いえ。絶対に嫌です。
ガンが三つくらいできます!」と私も冗談で答え、
それから、私の大腸ガンの話。

自分のガンが完全に癒された過程を話すことができました。

特に、
骨折した結果
「あなたには合いません!」とドクターに言われ、
抗がん剤治療がたった1クールで終了になり、
以来何の治療もしてなくて、
完治してしまったという話に
大爆笑されてしまいました。
posted by JOYJOY at 23:22| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。