2019年12月30日

行かなかったらますます…

今日は賜物合宿とかにいかなかった。
預言が語りたい。と思ったが、

わざわざ行ったって何になる?

使えもしないのに…
そう思うと、
代価を支払う気力が出なかった。
語ることを止めると、
こうして色々語らずにいられなくなる。

気力がなえ、行かないと
従わない人になる。

従うことに恵みはない。らしい。

従わないと次がない。

余計に教会との距離は広がる。
ほぼ断絶だ。

私が信じた恵みの福音は、こんなに辛いものだったのか?

私次第なのか?

私次第でなく、すべての主体が主だから
恵みの福音は私にとってありがたい希望だった。

ドンドン蹴落とすのが福音なら、
私が全世界で拠り所とできるものは何もない。誰もいない。

あの日も新聞を配りながら主に言った。

「教会で言われているように、私が、そんなに汚れたもので、人に近づけない人間だったとしても、
あなたは、この瞬間にも私を救って、きよい者と呼んでくださいますよね…」
悔しくて悔しくて、主に泣いて訴えた。

クリスチャンエリートを目指してはいけない。
律法学者パリサイ人たちになってはいけない。

良きサマリヤ人が福音に示された愛を行った。
カナン人の女が福音の恵みを知っていた。
サマリヤの女が恵みを受けた。
訳もわからない、自我の塊だった弟子たちが福音の恵みを受け、持ち運んだ。

普通の罪人たち。ただ本当の神の愛と助けが欲しかった人たちだった。
posted by JOYJOY at 17:08| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。