2019年06月20日

桔梗

4EB8090C-C211-4BFB-B1CD-5707F9EAED10.jpeg
お隣さんがウチの雑草だらけの庭に植えてくれたのは、
桔梗

母が好きな花でした。

さわやかで、梅雨に似合います。
posted by JOYJOY at 11:25| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変えられないサイクル

またまた帰宅後、夕食を食べたらもう耐えられず、
ゴロリと横になって、
気づいたら0時を回っていました。

腰がかなり大変になってきたので、
仕事帰りに整体に寄り、
それから久しぶりに
良く行っていたスーパーに買い物に回ったので、
帰宅は、8時半は過ぎていたと思います。

2〜三時間寝ていたのかな?

今日も我がクラスは少なく、
人手は充分あったので、
隣のクラスに応援に入りました。
隣も職員は7人いますが、
お昼から、まだ出産してから一年経っていない職員が帰り、
まだまだ一人一人に手がかかるので、大変です。

やはり、昨年お世話した子たちが
蟻が砂糖にたかるように
スキンシップを求めてしがみついてきます。

表情が豊かになっていて
主張もはっきりしてきて、
それを言葉であらわせるようになる
一歳児クラスは、
多分一番感動場面に沢山出くわすクラスかな。

しかし、一歳児にしては、クラスの人数が多いので、一対一に飢えているのでしょう。

昨年は最年少で、キーキーかんしゃくを起こすことしかできなかった男の子が、
一年経つと、
自分の思いを言葉で伝えることができるようになっていて、ますます愛おしかったです。

合同保育のため、年中年長さんと一緒になりましたが、
私のひざの上にいたその子を触るため、
年中さんの男の子がくっついて来ました。

すると、小さな彼が必死で、
「ダメ!アッチ行って!」

回らない舌で、
何度も何度も自分よりはるかに大きい男の子を押しのけて、涙を出しながら繰り返したのです。

もちろん、はっきりとした発音ではありません。

アメー!アッチ※・♪☆→々〆〒〜
でも、私には聞き取れました。

赤ちゃんが、イヤだって言ってるでしょ。
止めて!きちんとお座りしてお話しきいて!

その子も、スキンシップに飢えていて、
昨日私にベッタリ甘えてくっついて来たのでした。
posted by JOYJOY at 02:17| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

手足口病

81F7B1C4-D7D2-426D-8C45-E54F7D6E96D7.jpeg
昨日は、弟に送ってもらい、出勤しました。
玄関横付けでした。

クラスはなんと半分。

ベイビー達を手足口病が襲っています。

診断が確定した子はわずかなのだそうですが、
微妙な兆候がある子達が、
休んだり早く帰ったりで、
ガランとしていました。

隣のクラスからだんだん移ってきたもので、
隣はすでに復活していました。


私は、隣りを助けに入りました。

あちこちカサブタを痛々しく残した一歳児たちが
とても元気でした。

この子たちのうち半分以上が、
昨年うちのクラスだったので、
成長を見れて嬉しかったです。

牛乳飲ませるのが大変だった子が、
一人でサッサと飲み終えていて拍手しました。
感動でした。

成長するんだなー、いのちって…と改めて思いました。

自由遊びになると、
一人の子が、
私の前に
異常なテンションの高さで、
身体中喜びをあらわして声を立てて笑いながら来てくれました。
昨年気になって、良く相手していた子です。

そんなに喜んでくれるの?
先生も嬉しいよと抱きしめたくなりました。
思わず笑顔になってしまいます。

お帰りのお集まりをした後、
再度自由遊びになると、
棚の小さな簡易飼育箱にカエルが飼ってあるのに気づいて、
それを手に取り、何人かの子供達の目の前に差し出してみました。

私も、カエルをこんなにしげしげと眺めたのは
何十年ぶりで、
ちいさな目や口、手、一生懸命生きようとする様子が可愛くて、
夢中になりましたが、
もっと可愛く楽しかったのは、
それを見る子供達。

目を丸く顔をし輝かせて感動し、
箱を引き寄せ、
抱きしめんばかり。

お目目!お手手!
小さい!
ピョンした!などなど…
さすが、2歳になった子もいるので、
たくさん言語を発します。

一人の男の子は、
回らない舌で、

カエルの歌が…🎶ケロッケロッ〜と、
歌いながら、全身で踊っていました。
何度も何度も…

可愛い〜

夕方、昨年一緒だった先生と一緒に出口を出ました。

「先生は?どうですか?」と聞いてくださいました。

正直に、
ええ、まだ心が体についていかなくて、
気力がでないんですよと答えました。

すると、
「でも、ほら!先生には牧師さんっていうお仕事があるでしょ。大丈夫!」
と言ってくれました。

私を牧師だと知っているたくさんの人たちにとって、
この淵から神の手による引き上げがなされるんだなーと、
久々、
ああ、みんなに牧師だと知られていて良かったなあと思いました。

愛の神が、この人たちをつまづかせるわけ、ありません。

私が引き上げられ、
神の祝福を生きることは、
たくさんの人たちへの慰め、希望、また励ましなのです。


posted by JOYJOY at 08:58| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする